今日試験の方、最後まで諦めず頑張ってきてくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡

独学で保育士試験に合格する!残り3ヶ月の問題集勉強法

私が独学で合格した時は、残り2ヶ月を問題集での問題練習の時間にあてたのですが、期間が短くて、けっこう必死でした。

短距離走を毎日走っているような感じで、焦る気持ちを抑えながら勉強していました。

一発で合格したからよかったものの、
「問題集に3ヶ月残しておけばよかった・・・」という思いも強かったのも事実。

なので、今回は私のやった勉強方法を、もう少し効率的になるようにアレンジして、「残り3ヶ月の勉強法」として紹介します!!

もちろん2ヶ月でもできないことはないです・・・ですが、

時間に余裕を持ちたい方は、3ヶ月あるといいですよ✿

ちなみに勉強時間は、平日2時間、休日5時間ぐらいでした。

机に向かって集中してやるのもいいですが、お風呂の時間や、電車やバスなどの移動時間、食事に行った時の待ち時間もなるべく問題を解くようにしていました。

問題集は小さいので、どこにでも持って行けて便利です♪

外出先で、しまった!問題集家に置いてきちゃった!という時には、当サイトのミニテストも活用してみてくださいね。

1回分が少ないので、短時間でポイントの確認ができますよ☆

■スポンサーリンク■

使った問題集

私が使ったのは、こちらの問題集とふせんです。

保育士試験問題集とポストイット

成美堂出版 保育士一問一答問題集 1404円

この問題集のいいところは、

  1. 左ページに問題、右ページに解答が載っている
  2. 見やすいレイアウト
  3. 保育所保育指針などの重要語句の穴埋めが付いている
  4. 解説の重要ポイントが赤字になっているので、穴埋めの練習になる

ところです。(外出先でも、お風呂でもとにかく時間を見つけて何度も解いたのでボロボロになってしまいました。)

この1冊で十分合格する力がつくと思いますよ!

私も初めは、ユーキャンとかの10万円くらいする通信教材を買わなきゃ合格できないのかな?と思っていました。

でも、勉強してみて、保育士試験の市販の問題集って充実しているので、1万円もかけずに合格できるということがわかりました。

合格の決め手は勉強にかけたお金ではないのです。

お金も、時間も、問題集も、要は、使い方次第です。

ふせんは、貼ってはがしてで何回も使うので、ある程度ノリがしっかりしたものの方がいいですよ。

ちなみに私が使ったのはポストイットジョーブ透明見出し

透明なので、字の上に貼ってしまっても、下の字を読むことができるので、ポストイットをずらすストレスがありません。

かわいいふせんでテンションもあがるのでオススメですよ♪

勉強法

さあ、アイテムも揃ったところで、勉強法です。勉強法といっても、シンプルです。

とにかく

○×問題を解くべし!!

なんですけど、○×問題をただだらだらといているだけでは、効果が半減・・・。

試験まで1年あればそれでもいけるのですが、私たちには、限られた時間しかないので、最大限効果のある方法で行きましょう。

「エビングハウスの忘却曲線」ってご存知ですか?

人間は記憶したそばから、忘れていく生きもので、
20分後には42%
1時間後には56%
1日後には74% 
忘れてしまいます。

なので、忘れることは仕方のないことなのですが、忘れる前に復習をすることによって、記憶にとどまりやすくなります

そのタイミングは、1時間後、1日後、1週間後、1ヶ月後がよいとされているのですが、しかし・・・いちいち、「これは明日復習」「これは1週間後復習」ってやっていると、わけがわからなくなりますよね。

そんな計画を立てている暇があったら、1つでも覚えたい!わたしは、ずぼらなので、そう思ってしまうのです。

そこで考えたのが、

間違えたところに付箋を貼って、ある枚数付箋を貼ったら、その問題を復習する

という方法。

まあ、普通っちゃ、普通の方法なのですが、問題集+付箋で2千円もかからないのに、かなりの効果があったので、ご紹介しますね✿

1周目「とにかく慣れる」

初めて問題集を使う時に使用するのは、ピンクの付箋3枚、オレンジの付箋3枚です。

問題集の使い方1

問題集の○×問題を1ページ目から順番に解いていきます。

そして、

間違えた問題に付箋を貼っていきましょう。

付箋の色は何色でもいいですが、全部同じ色だとあとで見直す時に、どの付箋が上にあるのかわかりにくいので、色分けをしました。この辺はやりながら、ご自身のやりやすい方法を見つけてください。

付箋を6枚貼ったら、その間違えた6問だけもう一度解いてみます。正解したら付箋を外しましょう。外した付箋は、付属の赤シートにつけておくといいですよ♪

ここで、6問中4問正解したとします。そうしたら、2枚の付箋は貼ったままで、続きの問題を解きましょう。

また、6枚の付箋を貼りきったところで、その問題を解いてみます。この繰り返しです。

問題集の使い方2
この時のポイントは、

  1. わからない言葉があったからといって、テキストに戻らない!
  2. 解説を詳しく読み過ぎない
  3. 科目を気にしない
  4. 穴埋め問題は飛ばして、○×問題のみやる

です。

1周目は、とにかく問題になれるというか、どんな問題があるかを把握するのが大事です。

テキストでは、重要そうだったところが意外と出題されなかったり、テキストに載っていないところが出題されたりするので、その辺の感覚をつかむためにどんどん進みましょう。

1周目では、わからない言葉や聞きなれない言葉も多いと思いますが、ここでいちいちテキストに戻っていると、時間切れになります。

分からない言葉が出てきても、テキストには戻らずに、とりあえず問題集を繰り返し解いていくことで、だんだん理解が深まることも多いので、とりあえず、○×問題をどんどん解いていきましょう。

間違っても、「間違いノート」を作ろうなんて思ってはいけません。時間切れになるパターンです。

問題集を何度もやっていくうちに分からない問題は減っていくので、間違いノートを作りたい気持ちは押さえて、とりあえず問題集をやりまくってください。

科目の違いが気になって夜も眠れない…方もいるかと思いますが、「児童家庭福祉」と「社会福祉」の違いとか、その辺は別に理解しなくていいと思います。問題集をやっているとわかると思いますが、違う科目なのに同じ問題が出てくることはよくあります。本番の保育士試験でも、この問題は他の科目の方がふさわしいんじゃないか・・・って問題がときどきあります。きっと出題者側でも、はっきりしていないのでしょう・・・なので深く考えるだけ時間の無駄です。

保育士試験は、全科目にわたって理解するのが大事なので、「今日はこの科目を・・・」と限定しないで、問題集を片っ端からどんどん勉強していきましょう。

問題集1周=1週間を目安に頑張りましょう♪

2周目「とにかく慣れる2」

問題集2周目。問題にも慣れてきたと思うので、付箋を増やしましょう。

オススメは、ピンク3枚、オレンジ3枚、黄色3枚、緑3枚の12枚です。

付箋の枚数を増やすことで、自分に負荷をかけ、暗記力を鍛えます。

(でも、まだまだ不安・・・な方は、ピンク・オレンジの6枚でもいいですよ。)

問題集の使い方3

進め方は、1周目とほとんど同じで、間違えた問題に付箋を貼っていきます。
ピンク・オレンジ・黄色の9枚を使い終えたところで、復習をしましょう。

復習でも間違えた問題に、緑の付箋を貼っておくと、「ああ、これさっきも間違えた」ということが分かります。

緑の付箋が足りなくなったら、ピンクやオレンジの付箋も使っちゃいましょう。

ここのポイントは、

間違えた問題は間違えた数、付箋が増えていく

ということ。1回正解するたびに付箋を1枚取れるので、付箋がたくさんついていて間違えやすい問題ほど、何度も解く必要が出てきます。そうすると、嫌でも覚えます(笑)

私も、苦手な分野は、おんなじ問題に5枚くらい付箋がついてしまったことがよくありました。何度やっても間違えるって、バカだな~と思ったり。

でも、正解し始めると、進んでは戻って正解、進んでは戻って正解・・・とその問題を解くのが、だんだん楽しくなってきます。5回正解するころには得意な問題になっていましたよ♪

自分に負荷をかけたい人は、付箋を貼ってあるページは、付箋の貼ってある問題だけではなく、ページの最初の問題に戻って、ページ全体の問題を解くようにしていくとより効果的です。意外と前後の問題を間違えてしまったりするので、緊張感があります☆

余力のある人は、解説にも目を通すようにしましょう。

2周目からは、関連法令などの穴埋めもしていくといいです。成美堂出版 保育士一問一答問題集 1404円は、保育原理、教育原理、児童家庭福祉、保育実習理論の終わりに、保育所保育指針や児童福祉法・教育基本法などの重要な法令の重要語句の穴埋めが付いています。

1回で正解するのは難しいですが、何回もやれば覚えます。法令の語句は試験にもよく出るので、少しずつ覚えていきましょう。

ここでも目安は1週間です。

※付箋6枚で挑戦した人は、付箋を9枚に増やしてもう1周やってみましょう。

3周目「わからない言葉をチェック」

3周目でようやく、わからない言葉を調べます。

ここまで来るまでに、わからない言葉は1周目よりもぐんと減っているはずです!

私はここでさらに、調べたい問題に貼る用に紫の付箋を10枚用意しました。ここでのポイントは、

すぐに調べないこと

です。

いちいち調べていると、時間がかかります。そのまま、いろいろなページを読んでしまって、結果問題集がすすまないことも・・・。まとめて調べれば、一つ一つに時間がかけられなくなるので、わからない言葉に付箋を貼っておいて、あとでまとめて調べるといいです。

問題集の使い方4

1周目・2周目と同様に問題を解きながら間違えた問題に付箋を貼りつつ、「ここよくわからない」「これってどういう意味なんだろう」というところに紫の付箋を貼っていきましょう。

調べるタイミングは、付箋を10枚貼ってから、とか、1時間問題集をやったらとか、決めておくといいです。問題集に飽きたころに、調べるのも、気分転換になっていいですよ✿

(調べてもすぐに分からなかったら、飛ばしちゃいましょう。気が向いたときに調べてもいいし、何かの拍子にひらめくかもしれません。)

ここでも、「間違いノート」なんぞ作らなくていいです。テキストの該当する箇所を読んだり、書いていなければネットなどで調べてテキストに書き込んだり、その程度で大丈夫です。

次、間違えて、まだ理解が不十分だと感じたら、同じようにテキストで調べればいいのです。「調べる」という行為が大事で、調べるうちにだんだん覚えてきます。

テキスト(参考書)は、辞書のようなもの。学生の時、辞書で分からない言葉を探したとき、その都度マーカーで印をつけたりしませんでしたか?何度も調べる言葉は、いろいろな色で塗りつぶされて、汚い色になるっていう(笑)あんな感じです。

いろいろな方の保育士試験受験者の体験談を読みましたが、一発で合格できない人ほど、「完璧主義」に陥る傾向が強いと思います。丁寧にやり過ぎて、問題練習の時間が足りなくなるのです。

大丈夫。保育士試験は6割合格なので、「完璧主義」にならなくても、多少雑でも、幅広く大事なところを押さえておけば合格できますよ♡

余力があれば、問題集の○×を解くときに、答えが×だったら、「~だから、×だ」「△△じゃなくて▽▽だ」と理由が言えるようにしてください。

成美堂出版 保育士一問一答問題集 1404円は、解答の横に解説が載っていて、解説の中のキーワードが赤字になっているので、赤シートで隠して、穴埋めの練習をするのもいいですよ✿

ここでも目安は1週間です。

4周目~

4周目以降も同じように、○×、穴埋めを付箋を使いながら進めていきます。

1ヶ月くらい問題集を頑張ると、何となく答えを覚えてきてしまいます。解説もだんだん言えるようになってきて、2ヶ月たつころには、自分の言葉で解説ができるようになっていると思います。

問題集を解くスピードも上がってきて、速い人なら一問一答を始めて2ヶ月たつころには10周ぐらい問題集を繰り返せているのではないか、と思います。
(10周に達していなくても、しっかり実力はついているので、自信を持ってくださいね☆)

一問一答問題集1冊の学習でも、保育士試験に合格点ぎりぎりで合格できるくらいの力はついていると思いますが、念のため2冊目を始めましょう。

3ヶ月目は2冊目に挑戦!

1冊目の問題集、解説までバッチリできるようになったら、2冊目の問題集に移りましょう。

問題集に2ヶ月かけられるのであれば、1冊目に2ヶ月、2冊目に2週間、最後の2週間で1冊目と2冊目を交互にやるというのがいいでしょう。

過去問とか解きたくなりますが、過去問を解かなくても問題集をしっかりやっていれば十分合格できますよ!
(一問一答問題集の問題の半数程度は、過去問をもとに、ポイントを押さえて作られていますから。)

私が2冊目に使った問題集は、ユーキャンの問題集です。

2018年版 U-CANの保育士 これだけ! 一問一答&要点まとめ【赤シートつき】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2017/12/16 22:15時点)


最新版☆↑

私は、1冊目の問題集を1ヶ月半勉強した後、残り2週間のところで2冊目の問題集を始めたのですが、やってみて愕然・・・。

間違えた問題をよく見てみると、1冊目で解けてた問題じゃん!!ちょっと問題が変わったぐらいで間違えてる! ←私ってバカ?!と何度も突っ込みましたよ(笑)

問題文を見て答えを覚えていたりとか、問題集の問題の場所で答えを覚えていたりとかだったんだな~と気づきました。

それでも2冊目の問題集をマスターするのは速いです。1冊目の問題集で基本的なことは押さえてありますから。

試験1週間前には、1冊目の問題集と2冊目の問題集を交互にやりましたが、1日で1冊解けるぐらいに。

本番の試験では、各科目の試験の前に30分の休憩時間があるのですが、次の科目の2冊分の一問一答を2回ずつ解いても、時間が余るくらいになってましたよ♪

これはかなり自信になりますよ!!

まとめ

長々しい文章をここまで読んでくださってありがとうございました。

保育士試験を独学で頑張っている方!通信教育でなくとも、市販の一問一答問題集は十分信用できます

要は使い方次第です。1冊丸ごと覚えて解説も自分の言葉で言えるくらいに勉強すれば、合格はすぐ目の前です!

あきらめずに頑張ってくださいね☆

ここでの勉強法は、記憶の仕組みを活用して、最大限効果の出るような勉強法にしてあります。

本当に2ヶ月や3ヶ月、問題集を解くだけで合格できるの?って不安な方は、

学習していると、勉強したそばから忘れてしまう! 何度や...
をご覧ください❀

では、あなたの合格を陰ながら応援しています♡

コメント

  1. 山越愛美 より:

    はじめまして。
    次の10月で3回目の試験になります。
    前回もあと1問で落ちてしまいました。
    今回は必ずと思い、このサイトを読ませていただきました。

    テキストで一度も見たことのない問題もありショックでしたが、とりあえず基本でしっかり点がとれればとは思っています。

    しかし、科目によっては文部科学省などの文章(キャリア教育など)や細かい法律や統計などが出てきます。
    テキストに載ってないネットで調べるものはどうしてましたか?
    ネットでもどこまで調べればいいのかわからなくなります………

    わかる範囲でお返事お願いします。

    • うぱみ より:

      山越愛美さん、コメントありがとうございます(*´∀`)

      保育士試験は、どんなに勉強しても、次から次へと見たことのない資料が出てきて、不安になりますよね。

      私は、気になる言葉や資料が出てきたら、とりあえず付箋を貼っておいて、後でまとめて調べるようにしていました。

      ただ、重箱の隅をつつくようなトピックや資料は、せっかく一生懸命調べても、出題される可能性は、低いと思います。

      同じ時間を使うなら、テキストにも問題集にも載っている事柄の方が、重要で、出題頻度も高いと思うので、一問一答問題集の問題を自分で解説できるくらいまでやりこんだ方が得点力につながる(合格点は取れる)と、私は信じています。

      とは言っても、過去問で出てくる内容はやはり気になるので、とりあえず学習の合間の気分転換程度にチェックです。でも、調べても調べても、答えにたどり着けないこと、多いです。そんなときは時間の無駄なので、私は諦めちゃいます。

      細かいことにはあまり深入りせず、重要ポイントを抑えていくことが大事と思います。

  2. Watarin より:

    初めまして。
    来年の4月に初受験する予定です。

    今まで過去問を中心にやっていましたが、運良く合格点に達しても数字の変更や
    ちょっと違う言い回しになるとたちまち太刀打ちできなくなることが何度かあり、
    やってる割には頭に入っていないような、でも今から一からテキストを読み込むには
    もう時間が足りない。どうしようー!と不安になっていた時にこちらのサイトにたどり着きました。

    一問一答書を読み込む、というやり方はあまり見かけなかったので新鮮でした。
    基本的なやり方はこちらのサイトに載っているやり方ですが、私は読むスピードが遅いので
    保育原理、教育原理/社会的養護、児童家庭福祉、社会福祉の5科目、保育の心理学、子どもの保健、子どもの食と栄養、保育実習理論の4科目と分けて読み込むようにしています。

    やりながら疑問に思ったのですが、例えば◯、×という『答え』は正解だったとしても、解説に書いている赤字部分が分かっていなかった場合にも付箋をつけたほうがいいのでしょうか?

    同じく通信教材等を使わず完全独学で一発合格を狙っています。
    お返事いただけたら嬉しいです。

    • うぱみ より:

      Watarinさん、コメントありがとうございます(*^▽^*)

      私は、一問一答を何周かやって、慣れてきたら解説に書いてある部分が間違った場合でも付箋を付けて、見直すようにしていました。赤字の部分が合っているか、というよりも、自分で考えた解説のポイントが、問題集の解説とずれていないかをチェックするという感じです。

      ①一問一答をやり始めたころは、とりあえず○×を判断+解説を読む
      ②慣れてきたら、○×を判断+自分で解説をしてみる
      ③さらに慣れてきたら、解説を間違えたところにも付箋を貼って、後で見直す

      いきなり解説が合っているかまで丁寧にやってしまうと、挫折してしまうので、スモールステップで。
      解説を読んで、自分で解説ができるようにしていくようにすると、自分で解説できる事柄が増えてきて、自信になりますよ☆
      解説も、一言一句、問題集と同じでなくても、何で×なのかポイントを押さえてあれば、大丈夫です。

      とにかくサクサク進めましょう♪
      サクサク進まない時は、まだ十分に理解が進んでいないということなので、1つ前の段階に戻って、サクサク進むようにもう一周やってみましょう(^O^)/

      また、科目によって、得意な科目は③解説が合ってなかったら付箋を貼ろう!、苦手な科目は②とりあえず解説を自分で考えてみよう!、などレベルを変えるのもありかな、と思います。得意な科目は、どんどんできるようになって楽しいし、苦手な科目も前回よりできた!の繰り返しで実力になっていきます。

      ちょっとずつ、負荷をかけていくようなイメージです。頑張ってくださいね♡

      • Watarin より:

        うぱみさん

        早速のお返事ありがとうございます♡
        なるほど、最初は解説の赤字まで丁寧にやるより何周かさせて数をこなす方に重点を置く感じですね。早速2冊目の一問一答書も買いました。
        また何かあったら質問させてくださいね♬

        • Watarin より:

          うぱみさん

          お久しぶりです。
          うぱみさんのサイトを参考にしながら先日の後期試験で無事に実技試験に進めそうです♬
          一発合格とはなりませんでしたが、前期の試験でも思いの外合格した科目が多かった為後期試験は気持ちの焦りは余りなく、余裕を持って挑むことができました。
          一問一答書を使った勉強法は初めて質問をした日から実行したのですっかり本はボロボロになりましたまた、教育原理の教育基本法と学校教育法の違いや、海外教育者の覚え方の記事は何度も熟読し、助けられました。
          ありがとうございます!

          • うぱみ より:

            Watarinさん、コメントありがとうございます♡

            試験お疲れ様でした!合格、おめでとうございます(●^o^●)
            ぼろぼろの問題集は、頑張った証ですね☆
            お役に立てて嬉しいです。

            二次試験も頑張ってくださいね~✿

  3. なべっち より:

    うぱみさん、こんにちは。初めまして。

    去年の年末に、突如「保育士の資格を取ろう!」と決意して(笑)いろいろ調べていく内にこちらのブログにたどり着きました。
    うぱみさんのアドバイスに従って、早速上下に分かれているテキストを買って、カッターで科目ごとに切り取ってテキストをパラパラと読み始めているところです。
    一問一答も、ユーキャンのアプリをスマホに入れて、時間のある時にどんどん進めています。

    4月の試験に間に合うように、できれば全科目一発合格を狙って、こちらの情報を最大限に使わせていただきながら頑張ります!

    • うぱみ より:

      なべっちさん、コメントありがとうございます。

      最近は、アプリもいろいろと出ていますね。私の時には、ほとんどなかったのでうらやましいです。

      隙間時間もしっかり活用して、勉強頑張ってくださいね!

      応援しています♡

  4. 夏風 より:

    うぱみさん、こんにちは。
    うぱみさんの勉強法を参考に、昨年6月に勉強を始め、28年10月の試験で8科目合格することができました。社会的養護のみ、あと一問で落としてしまい、教育原理とともに4月に再受験予定です。前回は一歳の息子を育児しながら、一問一答集をひたすら解きました。4月になんとしても合格したいと思っていますが、勉強法を決めかねています。29年版一問一答集を新たに追加し、2科目をやりこもうと考えていますが、良い勉強法のアドバイスがありましたら、ぜひ参考にさせていただきたいです。よろしくお願いします。

    • うぱみ より:

      夏風さん、コメントありがとうございます。

      あと一問、本当に惜しかったですね(*_*)でも、残り2科目、合格まであと少しです☆

      まずは手元にある問題集を何度も解いて、分からないところをクリアしていくことが大事と、思います(*^_^*)
      新しく問題集を購入する時は、違う会社の問題集を購入してみるのもいいかもしれません。
      また、関連する科目の関連する項目についても、ときどき、見直すといいですよ!

      一緒に頑張りましょうね♪

  5. かおりん より:

    参考にさせていただいてます(o^^o)
    問題集二週目から、9枚付箋をはったあとに復習ってありますが、解き終わったところから、また1ページにもどって解いていくということですか??(o^^o)

    • うぱみ より:

      かおりんさん、コメントありがとうございます☆

      付箋を貼った問題だけ、もう一度解いてみてください!
      解けたら付箋はとって、間違えたら付箋をまた一枚貼ります。

      頑張ってくださいね♪

  6. はるか より:

    はじめまして。
    4月に、社会的養護と教育原理を再受験するのですが、一問一答やテキストではこの2科目だけ勉強したら良いでしょうか?
    前回は全科目受験したので、まんべんなく目を通したのですが、今回二科目となり、勉強法に不安があります。
    アドバイスをお願いします。

    • うぱみ より:

      はるかさん、コメントありがとうございます。

      保育士試験の出題範囲、公表されている物を見ますと、

      ●教育原理
      保育原理、児童家庭福祉、社会的養護の出題と十分関連をとって出題する。

      ●社会的養護
      保育原理、児童家庭福祉、社会福祉の出題と十分関連をとって出題する。

      とありますので、保育原理、児童家庭福祉、社会福祉(、保育の心理学)の関連する分野を一緒に学習していくといいと思います。

      まんべんなく学習する必要はないですが、教育原理や社会的養護の勉強しているときに、そういえばこれ他の科目でも出てきたな~っていうのがあったら、該当するテキストのページを読んでみたり、問題を解いてみたり、知識を関連付けていくことが大事と思います。

      社会的養護・児童家庭福祉の問題集を2回解いたら、関連する科目の問題集を1回解くなど、メリハリをつけて学習するといいですよ!

      頑張って下さい(^o^)/♪

  7. はるか より:

    ありがとうございました。
    勉強の方向性が見えました!!
    がんばりますね!!!

  8. かもめ より:

    うぱみさん、初めまして

    4月の試験に向けてうぱみさんの勉強法を参考に勉強中です!わかりやすい解説でとってもありがたいです。

    現在、1問1答の4周目なのですが、関連法令以外のまとめ等の穴埋めはどうされていましたか?1冊丸々覚える感じでやっていくのがいいのでしょうか。

    細かい質問で恐縮ですが、お返事頂けたらと思います。

    • うぱみ より:

      かもめさん、コメントありがとうございます(^^)

      私は、まとめのページは字がびっしりなので後回しにしてしまい、試験直前の待ち時間に時間が余ったら見る程度でした。ただ、結局しっかり覚えていなかったので、試験中に「あっ、この言葉見たな〜」というのがあっても、解答に活かせず。

      やるなら、しっかりやったほうがいいですし、やらなくても他をしっかり覚えておけば合格点はとれるのかな、と思います。

      まずは、1問1答を完璧にし、時間に余裕があれば、やっていく、って感じですかね?

      特に、人物や学習理論のところは、得点に結びつきやすいので、やっておくといいと思います☆

  9. なべっち より:

    うぱみさん、こんにちは!
    ↑に書いている通り、うぱみさんの方法そのまま真似して三ヶ月半頑張りました。
    おかげ様で、ユーキャンの解答速報の自己採点ですが、全科目6割以上取れているみたいです♡
    本当にうぱみさんのこのサイトのおかげです。ありがとうございました!

    土曜日の児童家庭福祉が終わった時はあまりの手応えのなさに頭が真っ白になり、続く社会福祉でダメ押しされて、もう明日は受験やめようかとまで思いました。
    でも後期試験を受けるにしても、取れる科目は取っておこうと気持ちを切り替えて日曜日頑張ったかいがありました。

    早速、実技試験もうぱみさんオススメの本を注文しました♡
    私は造形と言語なので、またまたうぱみさんのサイトをフル活用させていただきます。
    お忙しいと思いますが、情報またよろしくお願いいたします。

    • うぱみ より:

      なべっちさん、コメントありがとうございます♡

      試験お疲れ様でした!
      一発合格、おめでとうございます(●^o^●)
      努力がきちんと力になっていたのですね✿

      前回試験の前は、実技試験の本がどこも売り切れで、騒動になっていましたが、無事GETできたんですね☆造形や言語を受ける方には、情報が詳しく載っていて、いいテキストだと思います。

      2次試験については、体験談や絵の再現などを紹介しているサイトがたくさんあるので、時間があればいろいろ見てみてくださいね。「採点基準」が公開されていないので、ブログなどで公開されている「合格者」の絵や話から、いいところをどんどん盗んで、なべっちさんにぴったり合う方法を見つけるようにするといいですよ~!

  10. 華子 より:

    うぱみさん、初めまして

    こちらの勉強方をかなり参考にさせていただき、この度めでたくH29前期1次試験で一発合格しました!感謝しても仕切れません、ありがとうございました‼︎
    あ、まだ実技がありますが…

    実は自分の覚え書き程度ですが、ブログにこの間の記録を残したいと思っています。
    こちらのこと、のせても構いませんか?

    • うぱみ より:

      華子さん、コメントありがとうございます(*´∀`)

      一次試験、合格おめでとうございます✾
      ぜひ、体験記残してください(≧▽≦)♡

      二次試験も頑張ってくださいね〜!

  11. あい より:

    はじめまして
    うばみさんのサイトがとてもわかりやすくいつも助けられています

    10月にはじめて試験を受けます うばみさんの勉強方法に惚れて
    過去問をテキストのどこにあるかを探す所までやっときました
    一問一答問題集も早々用意して意気込んでいたのですが 教育原理の平成28年の後期を確認していたところ一問一答には4割しかのっていないようなのです 一問一答を説明できるまでにやり込むのを目標にすれば6割とれ合格できるとおもっていたの不安になってきてしまいました
    一問一答も教育原理の所だけ確認したから4割だったのでしょうか
    勉強不足で失礼があったら申し訳無いのですが何とか一問一答集だけでもやりどげたいと思っていますのでアドバイスを頂けるとうれしいです

  12. あゆまま より:

    うぱみさん、はじめまして。
    産後どうしても子どもと関わる仕事がしたく、4月に保育士試験を受ける決意をしました。正社員で働き、2人の子どもを育児しながら隙間時間を勉強に当てています。
    いつもブログを参考に励みにしながら勉強しています。
    わかりやすくてうぱみさんはすごいです!

    そして、うぱみさんの勉強方法を参考に取り組んでいます。
    成美堂の一問一答がある程度覚えたので、ユーキャンの二冊目に取り組み始めましたが、出来なさすぎて愕然としています。
    結構細かいですよね。

    心が折れかけていました。
    焦る気持ちが募ります。

    予想問題集解かなくてもいいのかなど不安になってしまいますが、予想問題集をやるの必要性はありませんか?

    • うぱみ より:

      あゆままさん、コメントありがとうございます(^^♪

      残り2ヶ月を切りましたね。
      焦るとあれこれ手を出したくなりますが、落ち着いてまずは2冊目の問題集をしっかり解けるように頑張ってみてください。ときどき、1冊目の問題集もやってみると、理解が深まりますよ♪

  13. はたかおり より:

    ユーキャンの過去問か、一問一答過、どちらを買うか悩んでいます。一問一答は、こちらでおすすめされてたのを一冊はこなしました。問題集は、他に一冊こなしたのですが、二冊目を、問題集か、一問一答にするか、悩んでいます。アドバイスあれば、よろしくお願いします

    • うぱみ より:

      はたかおりさん、コメントありがとうございます♪

      個人的にはですが、2冊目は、一問一答の方がいいと思います。2冊目の一問一答も楽々こなせるようになって自信がついてきたら、問題集に挑戦してみるのもいいかもしれません(●^^●)

  14. はたかおり より:

    度々すみません!法改正について、大まかに纏めて頂けたらなぁと思っております。。使っている問題集などが最新でないため、、、、