保育実習理論

保育実習理論は「保育所保育に関する問題」と「児童福祉施設に関する問題」で構成されています。

保育実習理論の問1~6は毎年「音楽理論」「楽典問題」と呼ばれる音楽に関する問題です。ココをきっちり取ることで、合格へぐんと近づくことができます。一見難しそうですが、基本を押さえれば、確実に点数が取れる!保育士試験の中では特に点数の取りやすい問題です。

当サイトでは、音楽理論・楽典問題について、2通りの説明の仕方をしています。

解ける!わかる!保育士試験・音楽理論☆
→音楽苦手な方は、こちらから読み進めてください。目からうろこで、音楽問題が得意になること間違いなしです!問1~問6までの解き方を解説しています。過去問やミニテストで、出題傾向をチェックしながら学習できるので安心です。

保育士試験・楽典問題の表技
→古い記事ですが、今でも人気があります。音階を「階段」でイメージし、問3~5を解く方法を学習しています。ミニテストもありますよ♪

保育実習理論

描画の発達 象徴期と図式期の描画の特徴

保育実習理論の問8あたりで、描画の発達に関する問題が、毎回出題されています。 毎回、おんなじような問題が多いので、点数をとりやすいところです。お手持ちのテキストなどで、もう一度よく確認しておきましょう✿ ミニテスト ...
音楽理論

長調と短調の音階の違い ド→ラにするだけ!

調号として #が5つついた調は、ロ長調と嬰ト短調である。 の解き方を解説します(^^)☆ 保育士試験「保育実習理論」楽典問題問6で問われるかもしれない問題。 うぱみ 実際の試験では短調が出題されることはと...
音楽理論

二長調の階名「ファ」は、音名「嬰ト」である。の解き方(保育実習理論音楽問題問6)

すごく地味な問題ですが、保育実習理論音楽の6問目に必ず出題されています。 音階と移調の理解が必要な問題です。 平成28年度前期試験 問6 次の文のうち、適切な記述を○、不適切な記述を × とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさ...
言語表現

絵本の読み聞かせの留意事項。どんなことに気を付けて読めばいい?

保育実習理論で出題されています。 読み聞かせやお話をする際に、気を付けておくべきことについての出題です。 普通に考えれば、たいてい解けます。ほぼサービス問題☆ 2次試験で言語(素話)は、採点基準が明らかにされていませんが、保育...
保育実習理論

保育実習理論で問われる絵本、作者とポイントまとめ

絵本問題は、保育実習理論の問13あたりでよく出題されています。 絵本を読む機会は、保育士になったらたくさんあるので、時間のある方はぜひ本を手に取ってみてくださいね♪ 絵本問題の出題ポイント 出題ポイントは、下記のような...
音楽理論

音楽:楽典用語~強弱記号、速度記号など~

保育実習理論問2では、楽譜などに書かれている記号についてよく出題されています。 記号がいっぱいあって覚えきれない!! とくじけそうになりますが、よく出るものは決まっているので、まずはそちらを押さえておきましょう。 強弱に関...
音楽理論

保育実習理論問1 伴奏問題でつまずいている人はここをチェック!

私も苦手な問題(ーー゛) 質問を何度かいただいたので、私なりに解説してみます。 伴奏問題のポイントは、 右手で弾いている音に似ているものを選ぶ です。 これ自体は、過去問やテキストなどあちこちの解説で書かれていると思い...
社会的養護

児童厚生施設(児童館など)・児童家庭支援センターの配置基準

児童厚生施設、児童家庭センターなどの健全育成系施設は、覚えることが少ないです。 健全育成系施設の配置基準 児童厚生施設☆ 児童厚生施設は、児童館や児童遊園等、児童に健全な遊びを与える場です。 児童厚生施設の職員は...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました