ガラクトースとラクトース(乳糖)

糖類の中で、赤ちゃんの脳の成長にとってとっても大切な単糖類「ガラクトース」と二糖類「ラクトース」について解説します。

単糖類 ブドウ糖(グルコース)
果糖(フルクトース)
ガラクトース
二糖類 麦芽糖(マルトース) ブドウ糖+ブドウ糖
ショ糖(スクロース) ブドウ糖+果糖
乳糖(ラクトース) ブドウ糖+ガラクトース
多糖類 でんぷん(植物) ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖・・・・・・・
デキストリン(でんぷんを加水分解) ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖・・・・・・・
グリコーゲン(動物) ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖・・・・・・・
■スポンサーリンク■

二糖類:ラクトース(乳糖)

グルコース+ガラクトース

「ラクトアイス」の「lact」です。

◎語呂合わせ◎

ふたこぶラクダ、グルが楽
糖類、ラクトース、グルコース+ガラクトース)

ラクダに乗って歩いていると、ぐるっと回るのも楽だな~✿的な?
「ふたこぶラクダ」をイメージしてくださいね!

母乳や牛乳に含まれています。赤ちゃんにとって、重要な栄養源です。

甘さ控えめ・・・らしいですが、実際私、自分の母乳なめてみたら激甘でした(;一_一)

乳糖は、フルクトースとガラクトースが結合した二糖類である。 (H29前 子どもの食と栄養)

正答:×

乳糖→グルコース(ブドウ糖)とガラクトースが結合した二糖類です。

単糖類:ガラクトース

「ラクトース」の構成成分で、脳や神経組織に多い「糖脂質」の構成成分です。

語源は、ギャラクシー(銀河)=ミルキーウェイ(天の川)から来ています。なんだかロマンチックですね!

☆ガラクトース→グルコース
人の体は、ガラクトースをそのまま使うことができません。なので、肝臓で「グルコース」に置き換えて使います。

☆グルコース→ガラクトース
血液中のグルコースが増えすぎて良くないな~ってときには、グルコースの一部をガラクトースに替えることで、血液中のブドウ糖濃度を一定に保っています。
また「乳糖(ラクトース)」は母乳の主な成分の一つですが、母親が「乳糖(ラクトース)」や「ガラクトース」を食事から摂取しなくても、乳腺で「グルコース(ブドウ糖)からガラクトースをつくり出す」ことができるんですよ♡

二糖類の一つであるガラクトースは、脳神経組織を構成する重要な成分である。 (H28前 子どもの食と栄養)

正答:×

ガラクトースは「単糖類」。

ミニテスト


うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)