解ける!わかる!保育士試験☆音楽理論⑤移調って何?イメージ作りで問4対策♪

この記事は約3分で読めます。

問4・問5は移調の問題です。

問5は「調」の知識が必要ですが、問4は「音程」さえ分かればさくっと解けてしまいます。

時間もさほどかからないので、音楽が苦手な人でも得点源にしやすいです。

移調とは?

カラオケで、この曲低くて歌いにくいな~って時、音を上げたり下げたりして調節しますよね。移調はそんなイメージです。

簡単なのは、1オクターブ上げること。

でも、これだと高すぎて歌いにくい。

ちょっとだけ高くしてみよう。

例えば、「かえるの歌」で♪
「ド」を「レ」にしよう。
「レ」を「ミ」にしよう。
「ミ」を「ファ」にしよう。

ってやってくと、あれあれ・・・歌いにくい。
kaeru1
実際にキーボード弾いてみると分かりますが、変です。

よく見ると、「長2度」上がっているところと、「短2度」しか上がっていないところがありますね。

これを統一してあげると、きれいに聞こえます。
kaeru2

「全部の音を同じ幅で動かす」そうすると「調が変わる」。これが移調です。

ただし、問4では、「調」の知識は必要ありません。
単純に指定された音を、指定された幅動かすだけです。

(問5は調の知識が必要です。)

指定された音程で移調しよう

問4は、短い楽譜について、「どんな音程で」「上げるか下げるか」指示され、移調後、キーボードのどこを弾けばいいか答えます。

平成25年度本試験では、「大きな古時計」が出題されました。
(問題に曲名は書いてありませんが、楽譜から「大きな古時計」と分かります。)

問4
・楽譜を短3度上に移調した時、ABCで示された音は、移調後どの鍵盤を弾くのか答える。

問5
・楽譜を短3度上に移調した場合の、移調後の調号(♯や♭の数)を答える。

楽譜は、最初に調号をチェックします。
大きな古時計
ドとファにシャープが付いているので、「ラレドレ」ではなく、「ラレド♯レ」です。

大きな古時計(移調前)

「短3度」「上」に移調します。

大きな古時計(移調後)
「短3度」なので、どの音も「鍵盤3つ分ずつ」右に動かしてあげれば良いです。

この時、黒い鍵盤も忘れずに、一つの鍵盤として数えてあげてくださいね(^^♪

最初の音は、低いラ(③)なので、短3度上はド(⑥)になります。

問3・問5

続けて、問3対策をする方はこちら

今度こそ⑥根音 ~和音の根音ABCDEFGって何?~
「G」「D7」「Adim」などの和音の初めについている「ABCDEFG」の部分を「根音(こんおん)」といいます。 根音とは? 基本的な和音は、「ドミソ」「レファラ」など、一個飛ばしに3つの音を拾って作られています。 ...

問5対策をする方はこちら

解ける!わかる!保育士試験☆音楽理論⑪移調:「調」って何?調号(♯♭の数)にきまり有る?
ここ数年の傾向では、保育実習理論(楽典問題)問5は、移調後の調の調号を選ぶ問題になっています。 問4(移調)はできるけど、問5がさっぱり分からない!って人は、「調って何?」「♯2つはニ長調とかって、いちいち覚えなきゃならないの...

コメント

  1. 今週末 より:

    前の階段形式のが分かりやすかったです(`;ω;´)またあの解説が読みたかったです

    • うぱみ より:

      今週末さん、コメントありがとうございます。

      階段形式のも残っていますよ!
      移調①
      移調②

      私も階段形式の方が好きです(●^o^●)パズルみたいで面白いですよね。
      でも、誰でも確実に答えにたどりつけるかというと、たどりつけるのだろうけど、大変だし、つまずきやすいのも事実で。私もよくつまずくし。

      どっちがやりやすいかは、お好みですかね。

  2. 赤山 紀子 より:

    はじめまして。ユー○を利用して勉強してますが、全く意味がわからず…こちらのサイトにたどり着き希望が見えましたが…恥ずかしいけど質問させて下さい。今度こそ④までは理解したつもりでしたが…おおきなのっぽの部分はなぜ短3度なのでしょうか。どこから数えてるのか教えて下さいm(__)mもうパニックです涙

    • 赤山 紀子 より:

      すみません、さっきの私の質問は、試験で指示してあるものでしょうか?

      • うぱみ より:

        赤山紀子さん、コメントありがとうございます(*^_^*)

        「短3度上」は、H25保育実習理論の試験問題で指示されているものです。書き方わかりにくかったので、加筆しました(・。・;すみませんでした。

        「ラ→ド」なので、「3度上」

        「3度」は主に2種類あって、
        「ラ→→ド」は「ド→→→ミ」より短いので、「短3度上」です。

  3. 赤山 紀子 より:

    うみぱさん、ありがとうございます!
    1つずつ記事を読んで理解していってます。感謝です❗️

  4. ねこ より:

    うみぱさん、お世話になります。
    私は、独学で勉強しています。
    音楽が、わからなくて、苦戦しています。

    こちらのホームページを知って、救われています。

    早速質問ですが、
    →[「短3度」なので、どの音も「鍵盤3つ分ずつ」右に動かしてと上記の文章ですが、
    短3度は(鍵盤4つ)ではないでしょうか?
    私自身、理解力がないので、細かい所が気になり、勉強が嫌になります。
    是非教えて下さい。
    よろしくお願いします。

    • うぱみ より:

      ねこさん、コメントありがとうございます♪

      短3度は鍵盤「4つ」ですが、この4つには「自分のいるところ(もとの音)」が含まれています。移調するときには4-1=3で、鍵盤3つ動かしてください(*^^*)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました