楽典問題の表技一覧

保育士試験・保育実習理論の問3~5で出題される楽典問題について、和音や移調のしくみを理解し、得点に結び付けられるように、丁寧に解説しています。

主には階段の図を用いていますが、それにより少しわかりにくいというコメントがあったので、図や説明を見直し&再編し、「解ける!わかる!音楽理論☆」で紹介しています。

音楽がとっても苦手・・・という方には、「解ける!わかる!音楽理論☆」がおすすめしますが、こちらの「楽典問題の表技」シリーズの記事の方も人気があるので、残しています。

ミニテストもありますので、ご利用ください。

step1:一定だけど一定じゃない?音の階段

これを理解しているかどうか、というのが、音楽で点が取れるかどうかにつながってきます。テキストを読んでも理解できないよ~って方は、そもそもここの理解ができていないと思われます。
一定だけど一定じゃない?音の階段

step2:短2度?完全5度って何?理屈で理解

和音を作ったり、移調を行ったりする際に必ず必要になる知識です。
音程(短2度・完全5度など)を理屈で理解

step3:和音の作り方

保育実習理論問3で必ず出題される問題の解き方解説です。
和音の作り方・基本編
和音の転回
セブンスコード

step4:移調の仕方

保育実習理論問4、問5でよく出題される問題の解き方解説です。
移調後の楽譜に調号を付ける方法
「移調前は何調?→移調後の調号」を解く

保育士試験・楽典問題の表技♪保育実習理論音楽問4「移調」→「調」ではなく「音程」で解く!

保育実習理論音楽問4は、移調の問題です。 平成25年度...

→記事を読む

保育士試験・楽典問題の表技♪移調②「移調前は何調?→移調後の調号」を過去問で練習。

前回のは、いわば基本編。 基本がなくては解けないですが...

→記事を読む

保育士試験・楽典問題の表技♪移調①移調後の楽譜に「調号」を付ける簡単な方法

「移調」って難しそう・・・ テキストには、 「○長調...

→記事を読む

保育士試験・楽典問題の表技♪和音最後の砦。セブンスコードは音楽問題の要?

さて、3回に分けて解説してきた保育実習理論第3問で出題される...

→記事を読む

保育士試験・楽典問題の表技♪和音(コードネーム)は、転回に注意!

和音は、基本形だけでなく、「転回」後の形も出題されます。 ...

→記事を読む

保育士試験・楽典問題の表技♪和音は音程の組み合わせ&コードネーム

「コードネーム」とは、和音の組み合わせを記号で表したものです...

→記事を読む

保育士試験・楽典問題の表技♪短2度?完全5度って何?「音程」を理屈で理解し、和音・移調へ

「音程」というのは、直接試験で問われることはありませんが、 ...

→記事を読む

保育士試験・楽典問題の表技♪一定だけど一定じゃない?音の階段のイメージで「音楽」が解ける!

「ドとレ」「レとミ」「ミとファ」の間って、「同じ」なの? ...

→記事を読む