音楽:楽典用語~強弱記号、速度記号など~

保育実習理論問2では、楽譜などに書かれている記号についてよく出題されています。

記号がいっぱいあって覚えきれない!!

とくじけそうになりますが、よく出るものは決まっているので、まずはそちらを押さえておきましょう。

■スポンサーリンク■

強弱に関する記号

pp(ピアニッシモ)、mf(メゾフォルテ)など覚えることはあまり多くないですが、よく出題されています。

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)

速度に関する記号

「速い」「遅い」など速度を決める記号と、
「だんだん速く」「元の速さで」など速度の変化を決める記号があります。

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)

  • アンダンテ・・・ゆっくりと歩くような速さで
  • モデラート・・・中ぐらいの速さで
  • アレグレット・・・やや速く
  • アレグロ・・・快速に
  • リタルダンド・・・だんだん遅く
  • アッチェレランド・・・だんだん速く
  • ア・テンポ・・・もとの速さで
  • テンポ・プリモ・・・最初の速さで
  • アド・リビトゥム・・・速度を自由に
  • テンポ・ルバート・・・自由な速さで

ad libitumアド・リビトゥム・・・ad lib.アドリブ・・・

演奏方法に関する記号

レガート、スタッカート、フェルマータ、テヌートなどがよく出題されます。

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)

  • レガート・・・なめらかに
  • フェルマータ・・・音を程よく伸ばす
    fermata
  • スタッカート・・・音を短く切って演奏する
    staccato
  • テヌート・・・音の長さを十分に保つ
    tenuto

演奏順序に関する記号

ダ・カーポ、ダル・セーニョなど

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)

  • ダ・カーポ(D.C.)・・・初めに戻る
    d-c-2
  • ダル・セーニョ(D.S.)・・・セーニョに戻る
    ds2
  • コーダ・・・次のコーダへ
    coda
    D.S.やD.C.で戻った後、コーダが出てきたら、次のコーダへとびます。

お手元に楽譜があれば、探してみるといいですよ❀

表現に関する記号

出題頻度は高くないのに、いろいろ出てきて覚えにくいので、後回しでもいいかと思います。まずは、上のミニテストをマスターしてください(*^。^*)

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)