保育実習理論音楽問4移調ミニテスト。「調」ではなく「音程」で解く!

保育実習理論音楽問4は、移調の問題です。

平成25年度本試験 保育実習理論問4
 次の曲を4歳児クラスで歌ってみたところ、一番低い音が不安定で歌いにくそうであった。そこで短3度上の調に移調することにした。その場合、A、B、Cの音は、鍵盤の①~⑳のどこを弾くか、正しい組み合わせを一つ選びなさい。

H25

h26保育実習理論音楽
(選択肢省略)

正答:⑥⑯⑪

■スポンサーリンク■

「原曲の調」が分からなくても解ける?

実は、この問題(問4)は「原曲の調」も「移調後の調」も分からなくても解けるんです。

「移調」については、前に記事を書いているのですが・・・

で解説しているのは、問5の解き方です。
実際のところ「ハ長調」とか「ヘ長調」とか分からなくても、ここ数年の問5の問題は解けてしまうのですが、平成23年度の例もありますし、「調」を用いて書いた方が解説しやすいので、「調」についても長ったらしく解説しています。

問4は「移調する」という言葉が出てくるので、「移調する」と聞いて、「ハ長調」とか「ヘ長調」とか、わけわかんないよ・・・、って気持ち、出てきそうですが、問4は「移調」といっても、それぞれの音を、鍵盤上で動かすだけです。

「○長調」がよくわからない!って方でも、楽譜から何の音か判断できて、「音程」も分かっていれば、十分、点をとれる問題なので、挑戦してみてくださいね!

「音程」というのは、「短3度」「長2度」などというやつです。そもそもそれがよくわかっていない!って方は、先にこちら↓を読んでみてください。
https://hoikushi-taisaku.com/jisshuu-riron/ontei/

問4解き方解説

平成25年度本試験 保育実習理論問4
 次の曲を4歳児クラスで歌ってみたところ、一番低い音が不安定で歌いにくそうであった。そこで短3度上の調に移調することにした。その場合、A、B、Cの音は、鍵盤の①~⑳のどこを弾くか、正しい組み合わせを一つ選びなさい。

H25

h26保育実習理論音楽

まず、♯がついているところを確認しましょう。
今回は、ドとファですね。元の音が「ド」か「ファ」だった場合に、ナチュラル(♮)がついていなければ、「ド♯」「ファ♯」になるので注意してください。「元の音が」ですよ!移調後の音は関係ありません。

Aは低いラなので、鍵盤上では、③です。ラ(③)の短3度上なのでド(⑥)になります。

Bは、ソ(⑬)です。短3度上は、シ♭(⑯)です。

Cは、レ(⑧)。短3度上は、ファ(⑪)です。

問4攻略ミニテスト

こんな感じで出題されます。
移調ミニテスト例
ミニテストの上のキーボードの絵を見ながら、解いてみてくださいね☆

Aの音を移調した時、鍵盤のどこを弾いたらいいでしょうか?
h26保育実習理論音楽


うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)
※別ウィンドウになってしまうので、キーボードの絵は、お手元の紙などに描いてご利用ください。