【お知らせ】 当サイトのアドレスを一部変更しました。ブックマークして下さっている方は、変更をお願いします。

二長調の階名「ファ」は、音名「嬰ト」である。の解き方(保育実習理論音楽問題問6)

すごく地味な問題ですが、保育実習理論音楽の6問目に必ず出題されています。

音階と移調の理解が必要な問題です。

平成28年度前期試験 問6
次の文のうち、適切な記述を○、不適切な記述を × とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  1. 「思い出のアルバム」(作曲 本多鉄麿)は、8分の6拍子の曲である。
  2. ベートーベン(Beethoven, L.V.)は、ドイツの作曲家である。
  3. 雅楽は、古くから日本の宮廷で演奏されてきた音楽である。
  4. 二長調の階名「ファ」は、音名「嬰ト」である。

(選択肢省略)
1 A○ B○ C○ D×

Dだけできても、他ができなければ正答にならないかもしれません。
でも、Dが分かれば、選択肢を半分に減らすことができます

せっかく、音階や移調をここまで頑張って勉強してきたのだから、自信を持って○か×か判断できるようにしておきたいところです。

■スポンサーリンク■

階名と音名とは?

この問題の挫折ポイントは、ずばり「階名と音名の違いが分からない」ことではないでしょうか。

二長調の階名「ファ」は、音名「嬰(えい)ト」である。

移調をするとき、「ド」の位置を動かします。「ド」がどこに動いたかで、たとえば「レ」なら、「二長調」と調が決まります。

二長調の場合、「レ」を「ド」と見立てて、そこから「全音(レ)・全音(ミ)・半音(ファ)・全音(ソ)・全音(ラ)・全音(シ)・半音(ド)」と上がっていくような階段を作ってあげると、ちょっと高いながらも「ドレミファソラシド」に聞こえるんでしたよね。


この時の「ミ」とか「ファ」とかが「階名」です。

でも、二長調の「ミ」や「ファ」は、「レ」からスタートした場合の階名なので、実際に弾く音とは異なりますよね。

  • 二長調の「ミ」は、実際にはファ♯(嬰へ)
  • 二長調の「ファ」は、実際にはソ(ト)

この時、実際にキーボード上で弾く音を和風な言い方で言ったものを「音名」といいます。

二長調の階名「ファ」は、音名「嬰ト」である。の解き方

いくつか解き方を紹介するので、しっくりきた方法で解いてみてください。

今度こそ⑪で使った図で解く

今度こそ⑪移調:「調」って何?調号(♯や♭の数)はどうやって決まるの?
ここ数年の傾向では、保育実習理論(楽典問題)問5は、移調後の調の調号を選ぶ問題になっています。 問4(移調)はできるけど、問5がさっぱり分からない!って人は、「調って何?」「♯2つはニ長...
で使った、白鍵と黒鍵を一列に並べた図を使用します。

上で解説したようなこういう図になります。

一緒に書いてみましょう♪

①ドレミを書いていきます。黒鍵の部分は1マス使います。

②ドレミの下に、「ハニホヘトイロハ」を書きます。

③「二長調」なので、「ニ」の下にドレミをずらして書きます。

④「二長調」の階名「ファ」は、「音名」では・・・?

「ト」と分かります。

鍵盤の図を見ながら解く

慣れてきたら、こちらの方が速いです。

鍵盤の絵を使います。

試験本番では、鍵盤の絵は、問3や問4の問題に載っているものを使ってもいいし、時間はたっぷりあるので自分でちゃちゃっと描いてしまってもいいと思います。

①ドレミの下にハニホヘトイロハを書きます。

音名ですね。

②「二長調」なので、「レ」の鍵盤に「ド」を書きます。

ド○レ○ミファ○ソ○ラ○シド・・・(○のところは空ける)と、階名を書いていきます。

③「二長調」の階名「ファ」は、音名では・・・?

「ト」と分かります。

過去問で練習♪

ト長調の階名「ミ」は、音名「変ロ」である。

(平成29年度前期試験より)
「変ロ」とは、「♭シ」のことです。

解き方1


「ト長調」なので、主音は「ソ」です。

さて、「ト長調」の「ミ」は・・・?


「シ(ロ)」なので、×です。

解き方2


「ト長調」なので、主音は「ソ」です。

続きのドレミはどこの鍵盤でしょうか?
やってみてくださいね!

さて、「ト長調」の「ミ」は・・・?

「シ(ロ)」なので、×です。

へ長調の階名「ラ」は、音名「変ロ」である。

(平成28年度後期試験)

解き方1


「へ長調」なので、主音は「ファ」です。

さて、「へ長調」の階名「ラ」は・・・?

音名「ニ」なので、×です。

解き方2


「へ長調」なので、主音は「ファ」です。

さて、「へ長調」の階名「ラ」は・・・?

音名「ニ」なので、×です。

イ長調の階名「ラ」は、音名「へ」である。

(平成27年度地域限定試験)
イ長調の主音は「ラ」。音名の「ラ」とごっちゃにならないようにしましょう。

解き方1


「イ長調」なので、主音は「ラ」です。

さて、「イ長調」の階名「ラ」は・・・?

音名「嬰へ」なので、×です。

解き方2


「イ長調」なので、主音は「ラ」です。

さて、「イ長調」の階名「ラ」は・・・?

音名「嬰へ」なので、×です。

変ロ長調の階名「ファ」は、音名「変ホ」である。

(平成26年度再試験)

解き方1


「変ロ長調」なので、主音は「シ♭」です。

さて、「変ロ長調」の階名「ファ」は・・・?

「変ホ」なので、○です。

解き方2


「変ロ長調」なので、主音は「シ♭」です。

さて、「変ロ長調」の階名「ファ」は・・・?

ちょこっとまとめ

どちらかの解き方ができれば大丈夫なので、しっくりくる方でやってみてくださいね!

過去問載せておきます。
お時間のある方は、解いてみてください。

ヘ長調の階名「ファ」は、音名「変ホ」である。
(平成27年度本試験)

正答:×

ト長調の階名「シ」は、音名「嬰ヘ」である。
(平成26年度本試験)

正答:○

ト長調の階名「ソ」は、音名「ニ」である。
(平成25年度本試験)

正答:○

最後まで読んでくださりありがとうございます。

「○○についてもっと詳しく知りたい!」「△△について、もっと問題を解きたい」などありましたら、下記コメント欄にてお知らせください(どの記事のコメント欄でもかまいません)。

子育て中&第二子産休中につき、すぐにお返事できないこともありますが、なるべく対応させていただきます❀

うぱみ

■スポンサーリンク■

この記事を共有する

コメント

  1. カプリ より:

    はじめまして。
    昨日今日で初めての保育士試験を受けてきました!
    直前までこのサイトのミニテストをぽちぽちして挑ませていただきました。

    勉強はじめたての頃は、特にこの、保育実習理論の音楽問題が、ほんっとーーーーに!!ちんぷんかんぷんで…途方にくれておりました。
    それがこのサイトに出会って、もう、霧が晴れるように理解できて(*´ω`*)
    移調についてとか、テキストもなんでこんなふうにわかりやすく書いてくれないのかと!(笑)
    おかげさまで、今日も自信をもって解答できました!
    メジャーセブンとかオーギュメントとかも、こちらで確認していなかったら解けなかったと思います(私の使っていたテキストには載っておらず…)。
    一問一答問題集の使い方など、勉強の仕方も大変参考になりました。
    結果はどうなったかわかりませんが、目標だった一発合格、いけたと思っています!
    全然別のフルタイムの仕事をしつつ、4才2才の暴れん坊男子を育ててつつでも、独学でここまでやれたこと、自信になりました。
    このサイトに出会えたおかげです。
    どうしてもひとことお礼がいいたくてのコメントでした。
    本当にありがとうございました。
    うぱみさんも子育ての真っ最中とのこと。
    どうぞお身体ご自愛くださいませ。

    • うぱみ より:

      カプリさん、コメントありがとうございます(^^)

      試験お疲れ様でした。
      一発合格、おめでとうございます(●^o^●)

      お子さんを育てながらの試験勉強、大変でしたね。子どもがいるからとあきらめずに、勉強時間を確保して、コツコツ勉強するには、よほど強い信念が必要だったと思います。本当に尊敬します!

      二次の実技は、子育ての経験が生きてくると思います。ぜひお子さんと楽しみながら対策してくださいね♪

  2. はなはな より:

    うぱみさん、はじめまして!
    保育士国家試験のサイトを検索していたところ、こちらのサイトと出会いました。
    独学でここまでお勉強されて尊敬しています!

    質問なのですが、過去問で

    「調号として # が5つついた調は、ロ長調と嬰ト短調である。」

    ロ長調は理解できたのですが、嬰ト短調になる理由がわからなくて困っています。
    お忙しいところ申し訳ございませんが、教えて頂けたら嬉しいです。

    • うぱみ より:

      はなはなさん、コメントありがとうございます(*^▽^*)

      長調と短調について、記事を書きましたのでご利用ください。
      長調と短調の音階

      とり急ぎ書いたので、わかりにくかったら気軽に教えてくださいね♪