【お知らせ】 当サイトのアドレスを一部変更しました。ブックマークして下さっている方は、変更をお願いします。

実技「造形・絵画」で出題されるのはどんな問題?過去問分析

2次試験の科目は決まりましたか?「造形・絵画」を選択しようかな?って人にとって、気になるのは、「どんな絵を描くか?」ということだと思います。

楽しい保育園

ちなみに私が受験した時(H26再試験)の「造形」の問題がこちら。

問題

【事例】を読み、次の4つの条件をすべて満たして、解答用紙の枠内に絵画で表現しなさい。

【事例】
 J保育所で、動物園へ遠足に行きました。
 ふれあいコーナーで動物にエサをあげたり、抱っこしたり、みんな楽しそうにしています。

条件
1.動物とふれあっている様子を描くこと。
2.動物園の様子を背景に描くこと。
3.子ども2名以上、保育士1名以上、および動物を表現すること。
4.色鉛筆で色をつけること。

こんな感じで出題されます。年によって、指定される場面や人物の数などが違います。

これまでの過去問から、どんな絵が出題されているか傾向をまとめましたので、参考にしてみてください。

なお、対策を始めるのは、早くても1次試験の試験終了後でいいと思います。それまでは、1次の筆記試験の学習に集中しましょう!

■スポンサーリンク■

人物の指定

本→本試験(平成27年度まで。年1回行われていたときの、通常の夏の日程の試験です)
地→地域限定試験(平成27年度のみ。冬に行われた試験です)
再→再試験(本試験が台風などにより中止になった地域で、秋に行われた試験です。
前→前期試験(平成28年度から。年2回の試験のうち、夏に行われた試験です。)
過去3年分は太字にしてあります。

29年前:子ども3名以上、保育士1名以上
28年後:子ども3名以上、保育士1名以上
28年前:子ども3名以上、保育士1名以上
27年地:4歳児クラス子ども4名以上、保育士1名以上
27年本:子ども2名以上、保育士1名以上、お年寄り1名以上

26年再:子ども2名以上、保育士1名以上、動物
26年本:子ども4名以上、保育士1名以上
25年本:子ども2名以上、保育士1名以上
24年本:子ども2名以上、保育士1名以上
23年本:子ども2名以上、保育士1名以上
22年本:子ども2名以上、保育士1名以上
21年本:子ども2名以上、保育士1名以上
20年本:子ども2名以上、保育士1名以上
19年本:子ども2名以上、保育士1名以上

縄跳び
年齢の指定がないことの方が多いようですが、3~5歳児くらいを中心に練習しておくといいと思います。(ちなみに私のときは、特に指定がなかったので、異年齢児保育で1~4歳ぐらい子のがいることを想定して描きました。)

最近では、指定される子どもの数が多かったり、子ども・保育士以外の人物を指定されることもあります。
26年度再試験受験生は「動物なんて練習してないよ~」と焦り(私もその一人です)、27年度本試験受験生は「老人なんて練習してないよ~」と焦ったそうです。試験時間は短く、悩んでいる時間もないので、後で後悔しないように、少しでも多く練習しておきましょう。

おじいさん

子どもは、男の子と女の子2人ずつぐらい用意し、保育士も描き慣れておくといいです。それ以外にもいろいろな年代の人、いろいろな職業の人、動物、植物も時間があれば練習しておきましょう。

場所・場面

保育室が断トツで多いです。
保育室、園庭の背景はよく練習しておきましょう。

保育室

室内遊び、お絵かき
29前:給食(準備、食事中、片づけの中から一つ選んで描く)
28後:お遊戯会の練習(3人の子が輪になっている)
27年地:にらめっこ(2人がにらめっこ、まわりの子2人以上)
27年本:昔遊び(お年寄りと剣玉やあやとりをしている様子を描く)

25年本:仲直り(おもちゃを描く)
24年本:お昼寝(布団、パジャマを描く)
23年本:劇の準備・練習(お面や衣装を描く)
22年本:お店屋さんごっこ(何にお店かわかるように描く)
21年本:空き箱や段ボール箱を使った遊びの様子
18年本:保育士と園児のふれあいの様子

園庭・保育園周辺

走る女の子
28年前:園庭、水たまりで遊ぶ
26年本:公園へのお散歩(手をつないでいる)
20年本:ボール遊びの様子
19年本:鬼ごっこの様子

屋外

動物と遊ぶ子
26年再:動物園、ふれあいコーナー(背景に動物園の様子を描く)

以前では、保育園内での様子を描く出題が多かったのですが、近年では、課外活動で保育園を離れた時の様子を描く出題もあります。

過去10年では、同じような「お題」は出題されていません。練習をするときは、過去出題された問題の絵を描いても本番でそれを描く可能性はほとんどないので、過去問の練習はほどほどに、色々なシチュエーションを考えて書いてみるといいです❀

背景は、事前に「保育室」「園庭」を描き慣れておくことはもちろんですが、「公園」「電車やバスの中」「美術館」「神社」「小学校」など、子どもが在園中に行きそうな場面を練習しておくといいと思います。

子どもが遠足で行くような場所は、各保育園のHPなどでチェックできることがあります。近所の保育園について、一度見てみると、イメージがわきやすいです。

出かけた先で、子どもが遊んでいたら、どんなところで、どんなことをしているか、見てみるといいですね。

表情・しぐさの指定

子どもの絵を描くのはもちろんですが、どんな表情をしていたらいいの?って気になりますよね。問題文では、子どもの表情やしぐさにある程度の指定があります。過去問を参考にして、いろいろな表情、しぐさの子どもを描き慣れておくといいです。

保育士は基本的に、顔は子どもの方を向き、手を添えるなど子どもを見守るように描きます。

楽しそう

砂遊び
これが一番楽ですね(笑)ニコニコしているだけですから。
29年前:みんなで楽しく食事をしている。
28年後:保育士のオルガン伴奏に合わせて楽しくお遊戯会の練習をしている。
28年前:水たまりに入ったり、葉っぱを浮かべたりして楽しんでいる
27年本:剣玉やあやとりを教わりながら、楽しく遊ぶ。

26年再:動物にエサを上げたり、抱っこしたり、楽しそう。
26年本:手をつないで歩いている、うれしそう。

怒っている、困っている

保育士と女の子
25年本:おもちゃの取り合い、保育士が話を聞く、仲直り

その他

27年再:2人はにらめっこ、まわりの子ども2人以上
24年本:お昼寝の準備をしている一場面
23年本:劇発表の準備や練習でのやり取り

25年以降は、子どものしぐさや表情の指定があるので、楽しそうな顔はもちろん、いろいろな仕草や表情を描く練習をしておきましょう。

保育の場は、「温かな親しみとくつろぎの場」となるようにと、保育所保育指針にもありますので、「楽しそうな子どもの様子」を指定されることが多いのだと思います。子どもが怒ったり困ったりしている場面でも、それを解決に導くような場面が指定されています。

まとめ

毎回、「色鉛筆で色を付けること」という指定があり、色鉛筆12~24本、鉛筆を使って描きます。

経験的に、保育士試験の実技「造形・絵画」は、絵がうまくなくても合格できます。リアルな絵でなくてかまいません。

とりあえず、子どもがニコニコ笑っている絵から練習してみましょう。
「上手な絵」よりも、明るい色遣いではっきり描くことの方が大事ですよ!

「造形・絵画」合格のための練習で意識したいポイント3つ
「造形・絵画」の試験時間は45分ですが、思ったより、時間は短いです。 その中で押さえるべきポイントを3つにまとめてみました。絵の練習をする際に、参考にしてみてください。 ポイントそ...
2次試験「造形・絵画」色鉛筆選びで絵の印象が変わる?
実技試験「造形・絵画」の準備として「絵を描く練習」をするのはもちろんですが、それと同じくらい大事なのは、色鉛筆選びです。 色鉛筆は本当にたくさんの種類があるので、迷いますよね。筆圧や使い方など人...
造形・絵画:輪郭は黒?茶色? 顔色、背景を綺麗に見せるには色鉛筆選びから
造形・絵画で迷う色鉛筆選び。 手前の人物の輪郭、みなさんは何色を使っていますか? 色鉛筆の黒 色鉛筆の茶色 色塗りに使った色 鉛筆! 黒や茶色で一気に輪郭を描いてしまうパターン...

最後まで読んでくださりありがとうございます。

「○○についてもっと詳しく知りたい!」「△△について、もっと問題を解きたい」などありましたら、下記コメント欄にてお知らせください(どの記事のコメント欄でもかまいません)。

子育て中&第二子産休中につき、すぐにお返事できないこともありますが、なるべく対応させていただきます❀

うぱみ

■スポンサーリンク■

この記事を共有する