児童福祉法

子ども家庭福祉

子ども家庭福祉の実施体制②市町村の役割:子育て支援&児童虐待相談窓口

市町村は、住民にとって身近な窓口として、児童や妊産婦の福祉に関し、実態の把握、情報の提供、相談・調査・指導、支援を行います。 市町村の役割 子育て支援 地域型保育事業 児童虐待の相談 要保護児童対策地域協議会を置く ...
子ども家庭福祉

児童家庭福祉の実施体制①都道府県の役割、設置義務

児童家庭福祉に関する機関(設置義務など)について。 都道府県・指定都市・中核市・市町村と色々な言葉が出てきますね。 機関によって、設置義務と努力義務の境目が違うので覚えにくいですが、 「都道府県」なのか「市町村」なのかをハ...
子ども家庭福祉

子ども・子育て支援新制度②養育支援訪問事業と乳児家庭全戸訪問事業

学童期の子どもたちは小学校や中学校に通っているので、所在を確認しやすいのですが、小学校入学までの子どもたちは、所在の確認が難しいという問題点があります。 幼稚園や保育園に行っていれば、第三者の目がありますが、家庭保育の場合はとくに「虐待の...
子ども家庭福祉

児童家庭福祉:子ども・子育て支援新制度①地域子育て支援拠点事業

2012年(平成24年)より始まった「子ども・子育て支援新制度」。 子ども・子育て支援法第59条、児童福祉法、母子保健法における「地域子ども・子育て支援事業」で示された13の事業の中から、特に出題の多い「地域子育て支援拠点事業」につい...
社会福祉

福祉施設の社会的責任(苦情解決・情報提供・第三者評価)ミニテスト

テキストなどでは、「利用者保護」という言葉で書かれていたりします。 福祉施設の社会的責任(利用者保護)として試験で問われるのは大きく分けて次の3つ。 苦情解決 情報提供 第三者評価 これらについて書かれている法律と...
子ども家庭福祉

児童福祉法関連の出題は、「児童の定義」を要チェック!乳児は何歳まで?

「児童家庭福祉」では、「児童福祉法関連」の出題が多めです。 「児童福祉法関連」とは、「児童福祉法」の条文そのものを使った問題と、「児童福祉法」改正の歴史に関する問題とに大きく分けられます。 ここでは、分野ごとに問題を作ってみ...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました