【お知らせ】 当サイトのアドレスを一部変更しました。ブックマークして下さっている方は、変更をお願いします。

教育原理の重要人物(日本人)キーワードまとめ&覚え方

教育原理でたびたび出題される日本人。

覚えられない・・・そもそも漢字が読めない(T_T)でつまづいている人!
私もです(泣)漢字読めない。

ここですっきりと整理しておきましょう(●^o^●)
キーワードと人物、しっかり覚えて、試験に臨みましょう♪

人物の人となりが少しでもわかった方が、記憶に残りやすいかな?と思い解説も書いてみたのですが、試験前なので、先にまとめを置いておきます。まとめ→ミニテストの下に、解説があるので、余裕のある人や試験勉強に疲れちゃった人は、へ~って感じで読んでみてくださいね!

でも、基本はまとめのキーワードの所だけ覚えれば十分です!

■スポンサーリンク■

キーワードまとめ

「育児書」を書いた人物

  • 中江藤樹(なかえ・とうじゅ)
    なんか、え~藤樹!大きなもんだ~
    中江藤樹、翁問答
  • 貝原益軒(かいばら・えきけん)
    貝の腹、謁見!わ~ゾクゾク、どうしよう?ジョーくん(@@;)
    (貝原益軒、和俗童子訓、養生訓)
私塾を開いた人物

  • 吉田松陰(よしだ・しょういん)
    松陰の待つ、松の下で食べるおはぎは村一番
    (吉田松陰、松下村塾、萩)
  • 緒方洪庵(おがた・こうあん)
    ステキな蘭が空港安全に?臭う坂(゜×゜)
    (適塾、蘭学、洪庵、大阪)
  • 広瀬淡窓(ひろせ・たんそう)
    広いぜ!炭鉱。誰でもどうぞ♪に歓喜の宴会\(^o^)/
    (広瀬淡窓、誰でも入塾、咸宜園)

※それぞれの人物の説明、語呂合わせの解説、その他の日本人については、下の解説をご覧ください。

ミニテスト


うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)

解説① 人物と育児書

なぜ、この人が出題されるの?と考えた時に、外国人の場合は「学習理論や発達理論を提唱」というのが多いのですが、日本人の場合は「私塾を開いた」というのが多いです。「人物―私塾」の組み合わせで、問題を作りやすいっていうのもあるかもですが。

そして、それに負けず劣らず多いのが「育児書を書いた」というもの。

江戸時代、「子どもの教育の重要性」に目を向ける人はまだまだ少なかったんですね。

中江藤樹

なかえ・とうじゅ

☆キーワード☆

  • 江戸時代初期の陽明学
  • 翁問答
  • 私塾:藤樹書院
  • 近江聖人

◎語呂合わせ◎
なんか、え~藤樹!大きなもんだ~
(中江藤樹、翁問答)

余裕のある人は↓
なんか、え~藤樹に差す陽の明かり!大きなもんだ~
(中江藤樹、陽明派、翁問答)

なんか、え~とうじゅ→なかえ・とうじゅ
おおきなもんだ~→おきな・もんどう

実家が大きな藤の木の下にあったことから「藤樹」と呼ばれるようになったらしいです。この藤の老木は、現在も藤樹書院の裏手にあるのだとか。400年も!すごい!
・・・藤の老木とは逆に、藤樹は40歳までしか生きませんでした。生涯、師につくことなく独学で人間の道を探求し続けました。

  • 陽明学(ようめいがく)
    中国(明)の王陽明によってはじめられた儒教の一派。中江藤樹は、日本での陽明学の開祖であり、吉田松陰など明治維新を成し遂げた維新の英雄たちにも影響を与えたといわれています。
  • 翁問答』(おきな・もんどう)
    藤樹が34歳の時(陽明学を学ぶ前)に書いた、問答形式の教訓書。
    「子どもの教育は幼い時が肝心!父母の教育(徳育)をもっと重視すべき」といったことが書かれていますが、とにかく難解!一般人には、ちょっと手が出ない難しさです(>_<)
  • 藤樹書院(とうじゅ・しょいん)
    近江の国(滋賀県高島市)に中江藤樹が開いた塾。
  • 近江聖人(おうみ・せいじん)
    近江で活躍した中江藤樹の尊称。
平成25年度本試験 教育原理問5

「知行合一」を唱え、わが国における陽明学の祖とされる。主著『翁問答』では、孝を道徳の根本とし、幼少期からの教育の徳教を重視するとともに、父母の役割に期待した。多くの人々に尊敬され、「近江聖人」とも言われた。

↑キーワードだらけの問題文

「致良知」「知行合一」など中江藤樹の教え

  • 致良知(ち・りょうち)
    人間は誰でも「良知(美しい心)」を持っている。欲望に負けず、良知を磨き、正しい行動を心掛けることが大切、という意味。
  • 知行合一(ちこう・ごういつ)
    良知を得るためには、儒学を学び、学ぶだけでなく、日々の生活の中で実践していくことが大事、という意味。
  • 五事を正す(ごじを・ただす)
    表情・言葉づかい・眼差し・傾聴・真心をこめて、相手を理解するよう努めること。

貝原益軒

かいばら・えきけん。

☆キーワード☆

  • 江戸時代中期の儒学者、本草学者
  • 和俗童子訓
  • 『養生訓』

◎語呂合わせ◎
貝の腹、謁見!わ~ゾクゾク、どうしよう?ジョーくん(@@;)
(貝原益軒、和俗童子訓、養生訓)

貝のお腹が見られるなんて、ゾクゾクしちゃう♡って変な人・・・

かいのはら、えっけん→かいばらえきけん
わ~ゾクゾク、どうしよう?→わぞくどうじ(くん)
よう?ジョーくん→ようじょうくん

知的で聡明。幼少のころ体が弱かったことから、読書をたくさんしたが、読むだけでなく、実際に体験することも重視していました。
筑前の国(福岡県)藩士。本草学者(東アジア系医学の医者)で、藩医を務めたことも。35歳の時藩内で朱子学の講義を担当したり、朝鮮通信使の対応をしたりしました。
80過ぎまで長生きをし、晩年は本をたくさん書きました。本草書(医学書)以外にも、『和俗童子訓』や『養生訓』といった日常生活に役立つ本を、庶民にもわかりやすい文章で書いたことで有名です。

  • 『和俗童子訓』(わぞく・どうじくん)
    日本で最初の体系的な育児書(教育書)。「子どもに言うことをきかせるために、お化けや妖怪を持ちだすようなウソを言ってはいけない。」「厚着や飽食は病気の元」などが書かれている。
  • 『養生訓』(ようじょうくん)
    心を体の健康(養生)について書かれた一般向けの生活心得書。「風邪は治りはじめが肝心!」などが書かれている。

実は、この2冊は、80歳を過ぎた貝原益軒が、自身の実体験を元に書いた本なのだそうです。

平成27年度地域限定試験 教育原理問7
次の文は、ある著作の一部である。原文の後に(  )で現代語訳を示している。著者として正しいものを一つ選びなさい。

予(あらかじめす)とは、かねてよりといふ意(こころ)。小児の、いまだ悪にうつらざる先に、かねて、はやくをしゆるを云(いう)。はやくをしえずして、あしき事にそみならひて後は、おしえても、善にうつらず。いましめても、悪をやめがたし。古人は、小児の、はじめてよく食し、よく言(ものいう)時よりはやくおしえしと也。

( 予(あらかじめ)とは、かねてよりという意味で、子どもがまだ悪にうつらないさきに前もって教えるのをいう。早く教えないでおいて悪いことに染まり、習慣になったあとからでは教えても善にならない。戒めても悪をやめにくい。古人は子どもがはじめてものを食べ、はじめてものの言える時から早く教えたということである。)

問題文の前後の文章も入れて簡単に書くと
「賢人と呼ばれる人でも、一人で学んだのではなく、聖人と呼ばれる人を先生にして学んでいる。子どもが悪に染まらないうちに、善いことを教えるべき。お金持ちなら、幼少期よりいい先生を付けるだろうけど、お金持ちでないなら、早いうちからいい友達と交流させ、悪いことを学ばないようにしよう。」
といったような内容です。

解説② 人物と塾

江戸時代に活躍した人物と、その私塾や思想がセットで出題されることが多いです。
※空海のみ、平安時代の人物です。

吉田松陰

☆キーワード☆

  • 江戸時代後期の思想家、教育者。
  • 私塾:松下村塾(萩)

◎語呂合わせ◎
松陰の待つ、松の下で食べるおはぎは、村一番!
(松陰、松下村塾、萩)

「待つ、松」と韻を踏んでみました。松蔭の「松」と、松下村塾の「松」をセットで覚えておきましょう。

大河ドラマにも出てきたので、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。幕末の混乱の中、ロシア軍艦やアメリカ軍艦に乗り込もうとしたり、倒幕の思想を広めたりして、幕府に危険視され投獄。家族にえらい迷惑をかけたにもかかわらず、母親や妹にとても大事にされていて、お兄さんかわいそう・・・とやきもきしたドラマ(笑)←私感です。

肖像画などではおじいさんに見えなくもないですが、実は29歳で亡くなりました(刑死)。

その短い生涯の中でも、久坂玄瑞、高杉晋作など明治維新を主導した英雄たちや、伊藤博文(初代内閣総理大臣)、山縣有朋(第3代内閣総理大臣)など明治新政府で活躍した人物などに大きな影響を与えた人物です。

  • 松下村塾(しょうかそんじゅく)
    山口県萩市にて、吉田松陰が開いた私塾。
    師が教えるのではなく、互いに意見を交わし合うことで学びを深めた。
平成29年度前期試験 教育原理

で儒学・史学・兵学など広い分野から人間教育を行い、維新の志士を多く輩出した。

緒方洪庵

おがた・こうあん。

☆キーワード☆

  • 江戸時代後期の医師・蘭学
  • 私塾:適塾大阪

◎語呂合わせ◎
ステキな蘭が空港安全に?臭う坂(゜×゜)
(適塾、蘭学、洪庵、大阪)

ちょっと蘭飾りすぎちゃったみたい(笑)
テキ→てき(塾)
蘭がく→蘭学
くうこうあんぜん→こうあん
おうさか→おおさか

武士の子ですが、体が弱かったため医師を目指しました。長崎にて、オランダ人医師ニーマンの元で西洋医学を学び、大阪で開業&蘭学塾「適塾」を開きます。天然痘の治療&予防に尽力した人物です。患者のためにと、西洋医学にこだわらず、漢方も学んだのだそうです。
※シーボルト:鳴滝塾と混ざらないように注意!

  • 適塾
    緒方洪庵が大阪に開いた蘭学塾。福沢諭吉や大村益次郎などを輩出しました。

温厚で怒ったことがない人物。学習態度には厳しく、しばしば塾生を叱責。そのにこやかな叱責は、「先生の微笑んだ時のほうが怖い」と塾生に言われるほど、怖かったのだとか。←怒ってるじゃんΣ(@△@;)

平成29年度前期試験問6

医師を志して修業を行ったのち、大坂(大阪)に蘭学の適塾を開き、学級組織を工夫して多くの門人を輩出した。

広瀬淡窓

ひろせ・たんそう

☆キーワード☆

  • 江戸時代後期の儒学者
  • 私塾:威宜園(豊後の国日田)

◎語呂合わせ◎
広いぜ!炭鉱。誰でもどうぞ♪に歓喜の宴会\(^o^)/
(広瀬淡窓、誰でも入塾、咸宜園)

ひろいぜ、たんこう→ひろせ・たんそう
※広瀬たんこう、ではなく、広瀬たんそう、ですが・・・語呂合わせなので許してください。
かんきのえんかい→かんきえん→かんぎえん

  • 咸宜園(かんぎ・えん)
    豊後の国(大分県)日田に広瀬淡窓によって創設された全寮制の私塾です。身分を問わず、誰でも入塾し、数学や天文学、医学などを学ぶことができました。江戸時代の私塾の中では日本最大で、5千人近くが学びました。
平成27年度本試験 教育原理問6

豊後国日田に咸宜園という私塾を開いた。「三奪の法」により、入塾生の年齢、入塾前の修学歴、身分(家柄)の三つを無視し、本人の入塾後の学問への努力に基づく達成度、実力を重視した。「鋭きも鈍きも共に捨てがたし 錐と槌とに使い分けなば」とよみ、門人一人一人の持ち味を尊重しようとした。

※これより下の人物の出題は少ないです※

空海

くうかい。

☆キーワード☆

  • 平安時代初期の僧。弘法大師
  • 私塾:綜芸種智院(京都)
  • 弘法大師(こうぼう・だいし)
    真言宗の開祖です。
  • 綜芸種智院(しゅげい・しゅちいん)
    宗教や身分、貧富に関わらず、儒教・仏教・道教などあらゆる思想・学問を総合的に学ぶことのできる場を目指して、空海が京都に設立したとされる教育機関。
平成25年度本試験 教育原理問5

京都に綜芸種智院を創設した。当時の社会では教育機関は主に貴族階級を対象として開かれているという現実を打破するために、貴僧俗の区別なく、民衆にも門戸を開いた。
そこでは広範な知識を獲得する「綜芸」を通して、自己を取り巻く世界を完全に把握することを意味する「種智」の実現に至る道程を示した。

林羅山

はやし・らざん。

☆キーワード☆

  • 江戸時代初期の朱子学派儒学者
  • 私塾:昌平坂学問所
  • 昌平坂学問所(しょうへいざか・がくもんじょ)

上野忍岡にて林羅山が営んだ儒学の私塾です。幕府が朱子学を奨励したため、昌平坂学問所は幕府の直轄となりました。

伊藤仁斎

いとう・じんさい。

☆キーワード☆

  • 江戸時代前期の古学派の儒学者。
  • 私塾:古義堂(堀川塾)

朱子学の教えをこれまでの解釈とは別に、自分で理解しようとした人物。

平成29年度前期試験 教育原理問6

京都の堀川に古義堂を開き、教育の目的は道の実践にありとして、実行と個性尊重の教育を施した。

荻生徂徠

おぎゅう・そらい。

☆キーワード☆

  • 江戸時代中期の儒学者

5代将軍徳川綱吉や8代将軍吉宗の側近を務め、赤穂事件では赤穂浪士の処分について意見を求められた人物です。
吉宗の命を受けて、『六諭衍義(りくゆ・えんぎ)』を刊行しました(「六諭」とは、洪武帝の教えのこと)。後に寺子屋の教科書として用いられています。
朱子学や伊藤仁斎の学を批判しました。
※過去5年間、選択肢になったことはありますが、正答の答えになったことはありません。

本居宣長

もとおり・のりなが。

☆キーワード☆

  • 江戸時代中期の国学者・医師。
  • 私塾:鈴屋(伊勢の国松坂)

◎語呂合わせ◎
鈴や、リンリン♪で、もっとノリノリヽ(^▽^)丿
(鈴屋、本居宣長)

すずや→鈴屋(すずのや)
もっとのりのり→もとおり・のり(なが)
『古事記伝』を記したことで有名ですね。
荻生徂徠の考えに触れたことから古典研究に関心を持ち、後に「国学」を大成します。

  • 鈴屋(すずのや)
    宣長が自宅2階の書斎で開いた私塾。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

「○○についてもっと詳しく知りたい!」「△△について、もっと問題を解きたい」などありましたら、下記コメント欄にてお知らせください(どの記事のコメント欄でもかまいません)。

子育て中&第二子産休中につき、すぐにお返事できないこともありますが、なるべく対応させていただきます❀

うぱみ

■スポンサーリンク■

この記事を共有する

コメント

  1. ひよこに塩 より:

    前期で教育原理だけ落としてしまい、後期に向けて1ヶ月間
    ニコイチ+児童家庭福祉の勉強に励みました(´Д`;)
    いよいよあさってが試験です!
    テキストに載っていない、細かいポイントが沢山掲載されていて
    また、ミニテストで力試しも出来たので、助かりました☆
    育児&産休中にありがとうございました((*_ _)ペコリ

    • うぱみ より:

      ひよこに塩さん、コメントありがとうございます(●^o^●)

      お役に立ててうれしいです☆

      たくさん復習して、落ち着いて試験に臨んでくださいね!応援しています(^▽^)/

  2. さりっぺ より:

    うぱみさん、こんにちは。こちらのサイトでいつもお世話になっています。
    前回の試験でニコイチを落とし、またこちらで勉強させて頂いておりましたが、先日の試験で教育原理100点、社会的擁護80点で(マークミスが無ければ)突破出来そうです!
    特に日本人が苦手だったので、こちらの記事&ミニテストで最後の追い込みをかけられました。うぱみさんのサイトには本当にお世話になりました。育休から復帰し、思うように勉強出来ませんでしたが、授乳しながらミニテスト等出来て本当に助かりました。受験についてブログで書いているのですが、こちらのサイトの事を載せさせて頂いても宜しいでしょうか?個人のブログで記録程度なのですが…もし宜しければお返事頂けると幸いです。
    こちらのサイトのおかげでどれだけ助かったか。有難うございました。育休中との事、お体大切になさって下さい。お子様がすくすく育ちますように☆

    • うぱみ より:

      さりっぺさん、コメントありがとうございます(*^_^*)

      試験お疲れ様でした!
      そして、合格おめでとうございます(●^o^●)♡
      お仕事と育児をしながらの勉強、尊敬します!

      ブログの紹介大丈夫ですよ♪記事を書いた際には、ぜひこちらからもリンクを張らせて下さいm(__)m