本日試験の方、最後まで落ち着いて、頑張ってください(๑•̀ㅂ•́)و✧

子どもの食と栄養(小児栄養)の出題傾向と問題形式

子どもの食と栄養
試験会場で「子どもの食と栄養」の試験を受ける人は、他の科目に比べて圧倒的に多かったです。以前は「小児栄養」という科目でしたが、そのころからもこの科目を苦手とする人は多いみたいですね。

内容は幅広いですが、特別難しいわけではありません。ひっかけ問題のような、ややこしい問題が多いですが、試験で問われるポイントがつかめてくると、解きやすく感じるようになると思います。早くから対策をしておきたい科目です。

■スポンサーリンク■

問題形式の変化

子どもの食と栄養問題形式
ほとんどが「○×組み合わせ」です。穴埋め問題も3問程度出ています。

出題傾向の変化

子どもの食と栄養出題傾向
年によってまちまちですが、全体的には大きな変化はありません。

平成24年度までは「小児栄養」という科目でした。しかし科目名が変わっただけで、内容に大きな変化はないようです。

食事と健康・・・2.9%

1問程度の出題です。
食生活指針・食事バランスガイドからの出題です。

子どもの食生活の現状・・・5.0%

1問程度の出題です。
国民健康・栄養調査や乳幼児栄養調査などからの出題です。

栄養素の種類と働き・・・15.0%

1~5問の出題です。
糖質やミネラル、たんぱく質などの働きと消化、特定の栄養素が不足することにより引き起こされる疾病について聞かれます。

栄養素の種類と働きより、「たんぱく質」の出題についてです。 ミニテスト(基本) 文章短め、キーワードを抑えるためのクイズです。全17問から5問ずつランダムに出題されます。「子どもの食と栄養」の学習をすでに始めている方は、腕試しにやってみてくださいね☆この分野の学習に不安のある人は、“の「解説」を読んでからやってみましょ...
https://hoikushi-taisaku.com/shokuto-eiyou/vitamin/

食事摂取基準・・・7.1%

1~3問の出題です。
妊婦、乳幼児期、学童期に必要な栄養素の量などについて問われます。

保育士試験・子どもの食と栄養の要「食事摂取基準」 数字がいっぱい並んだ表を見て、「こんな表覚えられないよ~!」と諦め・・・るのはまだ早い! 全ての栄養素に目を通さなければいけない? 全ての年齢の数値を覚えなければ解けない? 推定平均必要量・推奨量・目安量・目標量を覚えなければいけない? そんなことないですよ! 実は、出...
https://hoikushi-taisaku.com/hoikushishiken/shokuji-sesshu-kijunn2-eiyouso/

妊娠中、授乳中の食事・・7.9%

1~3問の出題です。
妊娠期、授乳期の食生活についての出題です。「妊産婦のための食生活指針」を読んでおきましょう。

乳幼児の食事・離乳・・・21.4%

2~6問の出題ですが、出題数は減っている傾向にあります。

これまでの傾向としては、

  • 離乳前(約1問):乳汁(母乳・人工乳)栄養について
  • 離乳期(1~2問):「授乳・離乳の支援ガイド」から
  • 離乳後(1~2問):幼児期の発意期におけるカルシウム、たんぱく質など
  • 上記3つの時期をまとめて「乳幼児期の食生活」として2問程度

出題されています。

出題数は減っていますが、どの時期についてもしっかりと知識を入れておくようにしましょう。

https://hoikushi-taisaku.com/shokuto-eiyou/bonyu-milk/
https://hoikushi-taisaku.com/shokuto-eiyou/rinyuu-shoku/

学童期以降の食事・・・4.3%

1問程度の出題です。
学童期・思春期の食事についての出題です。

食育・・・3.6%

1~2問の出題ですが、出題されない年もあります。
保育所における食育や、「食育基本法」からの出題です。

保育所保育指針・・・1.4%

ほとんど出題はありませんが、平成27年度地域限定試験で出題がありました。
食育に関する事項についての出題です。

楽しく食べる子どもに~・・・4.3%

1~2問の出題です。
「楽しく食べる子どもに~食からはじまる健やかガイド~」(厚生労働省)からの出題です。

施設における食事(栄養・衛生管理)・・12.1%

2~3問の出題です。
児童福祉施設における食事の提供や、保育所・学校給食についての出題です。

配慮を擁する子どもの食生活・・・7.1%

1~2問の出題です。
体調不良を訴える子への食事の提供の仕方、病気やアレルギーを持っている子への食事の提供の仕方についての出題です。

障害のある子の対応・・・7.9%

1~2問の出題です。
障害のある子に提供する食事の内容や、与え方について配慮すべきことについての出題です。

学習のポイント

全科目の中で一番難しいと感じる方も多いようですが、生活に直結する内容も多いので、苦手意識はなるべく持たず、興味を持つようにしておきましょう。

試験で問われることはある程度パターンがあるので、問題をたくさん解いて、ポイントを押さえておくといいと思います。