保育所保育指針◎丸暗記攻略ドリル②第3章:養護のねらいと内容

旧保育所保育指針第3章内容(1)養護に関わるねらい及び内容は、新保育所保育指針第1章にお引っ越ししていますが、内容自体はほとんど変わりません。

保育原理と保育実習理論では頻出ですので、しっかり学習しておきましょう。

■スポンサーリンク■

定義

「養護」と「教育」、「ねらい」と「内容」の定義を軽く確認しておきましょう。

養護と教育

  • 養護
    →子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士等が行う援助や関わり
  • 教育
    →子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助

実際の保育においては、養護と教育が一体となって展開される

「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」及び「表現」の5領域5領域並びに「生命の保持」及び「情緒の安定」に関わる保育内容は、子どもの生活や遊びを通して相互に関連を持ちながら、総合的に展開されるものである。

今回は、「養護」のねらいと内容について学習しますよ!

ねらいと内容

  • ねらい
    →子どもが保育所において、安定した生活を送り、充実した活動ができるように、保育士等が行わなければならない事項及び子どもが身に付けることが望まれる心情、意欲、態度などの事項を示したもの
  • 内容
    →「ねらい」を達成するために、子どもの生活やその状況に応じて保育士等が行うべき事項と、子どもが環境に関わって経験し、展開する具体的な活動などの事項を示したもの

ア 生命の保持

※新保育所保育指針でも変更の無い部分を載せます。

ねらい

①一人一人の子どもが、(㋐)に生活できるようにする。 ㋐快適
②一人一人の子どもが、(㋐)で(㋐)に過ごせるようにする。 ㋐健康 ㋑安全
③一人一人の子どもの(㋐)が、十分に満たされるようにする。 ㋐生理的欲求
④一人一人の子どもの(㋐)が、積極的に図られるようにする。 ㋐健康増進

内容

①一人一人の子どもの(㋐)の健康状態や発育及び(㋑)状態を的確に把握し、(㋒)を感じる場合は、速やかに適切に対応する。 ㋐平常 ㋑発達 ㋒異常
②家庭との(㋐)を密にし、嘱託医等との連携を図りながら、子どもの(㋑)や事故防止に関する認識を深め、保健的で安全な(㋒)の維持及び向上に努める。 ㋐連絡 ㋑疾病 ㋒保育環境
③清潔で安全な環境を整え、適切な援助や(㋐)な関わりを通して、子どもの生理的欲求を満たしていく。また、(㋑)しながら、子どもの発達過程等に応じた適切な(㋒)がつくられていくようにする。 ㋐応答的 ㋑家庭と協力 ㋒生活リズム
④子どもの発達過程等に応じて、適度な運動と(㋐)を取ることができるようにする。また、食事、(㋑)、睡眠、衣類の着脱、身の回りを清潔にすることなどについて、子どもが(㋒)に生活できるよう適切に援助する。 ㋐休息 ㋑排せつ ㋒意欲的

ミニテスト

穴埋め&○×クイズ。すべてクリック(タップ)式にしました♪

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)

イ 情緒の安定

ねらい

①一人一人の子どもが、(㋐)を持って過ごせるようにする。 ㋐安定感
②一人一人の子どもが、自分の(㋐)を(㋑)ことができるようにする。 ㋐気持ち ㋑安心して表す
③一人一人の子どもが、周囲から(㋐)として受け止められ、主体として育ち、自分を(㋑)する気持ちが育まれていくようにする。 ㋐主体 ㋑肯定

内容

①一人一人の子どもの置かれている(㋐)や発達過程などを的確に把握し、子どもの欲求を適切に満たしながら、(㋑)な触れ合いや(㋒)を行う。 ㋐状態 ㋑応答的 ㋒言葉がけ
②一人一人の子どもの気持ちを受容し、(㋐)しながら、子どもとの継続的な(㋑)関係を築いていく。 ㋐共感 ㋑信頼
③保育士等との(㋐)関係を基盤に、一人一人の子どもが主体的に活動し、自発性や(㋑)意欲などを高めるとともに、自分への自信を持つことができるよう成長の(㋒)を見守り、適切に働きかける。 ㋐信頼 ㋑探索 ㋒過程
④一人一人の子どもの(㋐)、発達過程、(㋑)などに応じて、活動内容のバランスや調和を図りながら、適切な(㋒)や休息がとれるようにする。 ㋐生活リズム ㋑保育時間 ㋒食事

ミニテスト


うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)