【お知らせ】 当サイトのアドレスを一部変更しました。ブックマークして下さっている方は、変更をお願いします。

長調と短調の音階の違い(音楽理論・楽典問題の解き方解説)

質問いただいたので・・・

調号として #が5つついた調は、ロ長調と嬰ト短調である。

の解き方を解説します(^^)☆

保育士試験「保育実習理論」楽典問題問6で問われるかもしれない問題。

実際の試験では短調が出題されることはとても少ないので、長調だけしっかり押さえてもらえればいいのですが、それでも短調が気になって仕方ないって方!読んですっきりしてください♥

■スポンサーリンク■

長調はドから 短調はラから

長調はドから

長調の考え方については今度こそ⑪移調:「調」って何?調号(♯や♭の数)はどうやって決まるの?で解説している通り

「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」で上がって行くのがポイントです。こうすると、「レ ミ ファ♯ ソ ラ シ ド レ」と弾いた時、ちょっと高いながらも「ドレミファソラシド」に聞こえます。

「ド(ハ)→レ(二)」と、主音を長2度上げたので、「二長調」です。

  • 主音ド(ハ音):ハ長調 ←調号なし
  • 主音レ(二音):二長調 ←♯2つ

短調はラから

短調の場合は、「ラ」から始まる音階を作ります。

「全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音」と上がるような音階を作ります。

「シ ド♯ レ ミ ファ♯ ソ ラ シ」と弾くと、まあまあ「ラシドレミファソラ」に聞こえます。

「ラ(イ)→シ(ロ)」と、主音を長2度上げたので、「ロ短調」といいます。

  • 主音ラ(イ音):イ短調 ←調号なし
  • 主音シ(ロ音):ロ短調 ←♯2つ

調号が同じ長調と短調

ここでポイントなのが、「二長調とロ短調は調号が同じ」ということです。

どちらもドとファに♯がつきます。

「全ての音を長2度上げた」ので当たり前といえば当たり前ですが。

「全ての音を長2度上げた」とき

  • ドレミファソラシド」に聞こえる音階(全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音)が二長調
  • ラシドレミファソラ」に聞こえる音階(全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音)がロ短調

というわけです。

調号として #が5つついた調は、ロ長調と嬰ト短調である。 の解き方

では

調号として #が5つついた調は、ロ長調と嬰ト短調である。

を見てみましょう。

今度こそ⑫移調:移調前の調を簡単に見つける魔法の図。より
chou7
♯5つは「シ」が主音の長調なので「ロ長調」です。

では、短調はというと

主音が「ソ♯」なので「嬰(えい)ト短調」っぽいですね。

ちょこっとまとめ

なんとなく、長調と短調、つかめてきたでしょうか?

つまり、何が言いたかったかというと

ハ長調(主音)=イ短調(主音)  ←調号なし

ドから「短3度下がった」のがラなんです!

というわけで、
レ→短3度下→シ

二長調(主音レ)=ロ短調(主音シ)  ←♯2つ

シ→短3度下→ソ♯

ロ長調(主音シ)=嬰ト短調(主音ソ♯)  ←♯5つ

つまり

長調の主音を短3度下げてあげれば、短調になる

というわけです♪

最後まで読んでくださりありがとうございます。

「○○についてもっと詳しく知りたい!」「△△について、もっと問題を解きたい」などありましたら、下記コメント欄にてお知らせください(どの記事のコメント欄でもかまいません)。

子育て中&第二子産休中につき、すぐにお返事できないこともありますが、なるべく対応させていただきます❀

うぱみ

■スポンサーリンク■

この記事を共有する

コメント

  1. はなはな より:

    うぱみさん、ありがとうございます!!
    まだ微妙に理解できていないのですが「鍵盤4つ下げたら長調=短調になる。」ということを覚えておきます(^^)

    独学で本当凄いです♡
    私は、来年の4月に受けて来ます!
    またご報告させて頂きますね。

    • うぱみ より:

      鍵盤4つの方がわかり易かったですね(*´∀`)ありがとうございます♪

      その曲が長調か短調かは、曲調が明るければ長調、暗ければ短調となるようですが、実際はどっちかわからない曲もあるみたいです。

      子どもの曲は、明るい曲が多いので、試験で問われるのはほとんど長調です。なので、まずは長調をしっかりと抑えておいて、万が一短調を問われた際には「長調の鍵盤4つ下」とするといいかもしれませんね(≧∇≦)b