短2度?完全5度って何?和音・移調のために、「音程」を理屈で理解

「音程」というのは、直接試験で問われることはありませんが、

問3・4・5で問われる和音・移調で、確実に得点する為に必要な知識です。

前回の音の階段のイメージを含め、しっかりと理解しておきましょう。

■スポンサーリンク■

「音程」は、2つの音の隔たり

音楽理論でいう「音程」は、2つの音の隔たり。つまり、2つの音がどのくらい離れているかを、数字を使って示すことです。

「短2度」や「完全5度」って言葉、テキストでも目にしたかと思います。

どこから数える?

まず、「短2度」や「完全5度」の数字の部分(2や5)です。

これは、基本的には、「白い鍵盤の数」です。

たとえば、「ド」と「ソ」ならば、白い鍵盤は「ド・レ・ミ・ファ・ソ」を使うので、「5度」となります。
ドからソ

注意したいのは、ときどき「レ」から数えて、「レ・ミ・ファ・ソ」で「4度」としてしまう人がいることです。←私のことです(笑)

自分のいるところから数える」と覚えておくといいですよ。

また、「♯」や「♭」がついているときにも迷いますが、「○度」に関して言えば、「♯」や「♭」がついていないものとして数えます

たとえば、「ド♯」と「ソ」ならば、「♯」をとって、「ド・レ・ミ・ファ・ソ」で、「5度」となります。
ド♯からソ

短とか長とか完全とか

さて、数字の部分の出し方が分かったところで、次は、同じ「2度」なら、「ドとレ」も「レとミ」も「ミとファ」も音の幅は、一緒か?という問題です。

前回、音の階段のところで解説しましたが、「ドとレ」と「ミとファ」では、音の幅が違いますよね。
ドとレ、ミとファ

ドとレは、間に黒鍵があるので、 ○●○
ミとファは、間に黒鍵がないので、○○

ミとファの方が短いので、「ミとファ」を「短2度」「ドとレ」を「長2度」と表します。

では、他に「短2度」「長2度」はどんな組み合わせがあるのでしょうか。

鍵盤2

鍵盤を見るとわかる通り、
「黒鍵を挟む」方が長くなるので、「ドとレ」「レとミ」「ファとソ」「ソとラ」「ラとシ」が「長2度」(○●○)ですね。

反対に、「黒鍵を挟まない」と短くなるので、「ミとファ」「シとド」が「短2度」(○○)です。

2度

で、ここで応用。

「ド♯とレ」は、短2度・長2度どちらでしょうか?

まず、調号(シャープ)を外して、「ドとレ」で考えると、「2度」ですね。

次に、調号を戻して、「ド♯とレ」にします。
階段で考えると、
ド♯とレ
1段しか上がっていません。
●○ですね。
つまり、「半音しか上がっていない」ということ。

これは、黒鍵を挟まない「短2度」(ミとファ)と同じ音の幅ですよね。

ということで、「短2度」となります。

2度応用

・・・ちなみに、ド♯とレ♭は同じ音(ドとレの間の黒鍵)ですよ❀

短3度・長3度も同じように考えます。

和音を作るときに、短3度・長3度が必要になるので、しっかり理解しておきましょう。

作り方は、「短2度」「長2度」と一緒です。

「3度」は「ドミ」「レファ」「ミソ」「ファラ」「ソシ」「ラド」「シレ」など、和音でよく見かける組み合わせですね。

音の幅の決め手となるのは、間に黒鍵を挟まない「ミファ」「シド」を含むかどうか

別の言い方では、黒鍵を1つ挟むか、2つ挟むかです。

当然、黒鍵を2つ挟んだ方が「長く」なります。

つまり基本は

「黒鍵を1度しか挟まない」ものを「短3度」
「黒鍵を2度挟む」ものを「長3度」

 
とです。

階段で言うと、短3度は、3段。
短3度

長3度は4段上がることになりますね。
長3度

○●であらわすとこんな感じ。
3度

では、「レとファ♯」は?

考えてみてくださいね~
3度応用

はじめは図を描いて、こつこつ勉強しておくと、後で楽になりますよ!

完全?5度

一つ一つやっていると長くなるので、4度は飛ばして5度です。

和音を勉強すると分かりますが、4度より5度の方が時ずっと重要だからです。

4度と5度は似ているので、5度のところを読んでテキスト見れば十分だと思うので、今回はあえて飛ばします。後でご自身のテキスト見てくださいね~!

「5度」の組み合わせは、始めに出てきた「ドとソ」です。
後は、一個ずつずらして、「レとラ」「ミとシ」「ファとド」「ソとレ」「ラとミ」「シとファ」ですね。

この中で、仲間はずれがいるのですが、どれでしょうか?

キーボードや階段をイメージしながら考えてみてくださいね!
鍵盤2

「2度」「3度」のところで、「ミファ」「シド」を挟むところがポイントになっていましたよね。

減5度完全5度
「5度」の場合は、必ず「ミファ」「シド」のどちらかを挟みます。

そして、「シとファ」の組み合わせのときだけ、「シドミファ」で、「ミファ」「シド」の両方を挟みますね。

つまり階段で言うと、「1段少なく」なっているのです。

なので、「シとファ」を「減5度」
それ以外を、「完全5度」といいます。

5度○●

では、調号がついたら?
「ドとソ」は「完全5度」ですが、「ドとソ♭」「ドとソ♯」はどうでしょうか?

5度○●応用

ドとソ  ○●○●○○●○ →完全5度
ドとソ♭ ○●○●○○● →減5度
ドとソ♯ ○●○●○○●○● →増5度

まとめ

今回は、2度・3度・5度を解説しました。

特に、2度・3度は、この後で和音を作るときに重要になってくるので、よく理解しておいてくださいね。

最終的には、鍵盤の絵を見ながら答えを出せるようになるのが理想です☆

私はいきなりそれは難しかったので、階段の図や、○●を書いて、必死に理解しようと努めました。

そうすると段々、自分で図を描かなくても、頭で計算して答えを出すことができるようになりました。

(ピアノは弾けませんでしたが)おかげで、保育実習理論の音楽分野、満点です❀

あなたもあきらめずに頑張ってくださいね。

さて、「音程」の知識を生かし、つぎはいよいよ「和音」ですよ!
https://hoikushi-taisaku.com/jisshuu-riron/waon/

最後まで読んでくださりありがとうございます。

「○○についてもっと詳しく知りたい!」「△△について、もっと問題を解きたい」などありましたら、下記コメント欄にてお知らせください(どの記事のコメント欄でもかまいません)。

子育て中&第二子産休中につき、すぐにお返事できないこともありますが、なるべく対応させていただきます❀

うぱみ

■スポンサーリンク■

コメント

  1. 河原一平 より:

    音程の増〜度、減〜度というのがさっぱり分からなかったのですが

    このサイトを見たら分かりました!

    おかげ様でスッキリです、ありがとうございます!( ^∀^)

    • うぱみ より:

      河原一平さん、コメントありがとうございます(*^_^*)

      長短増減、是非使いこなして音楽得意になってくださいね♪