今度こそ②超重要!音階の落とし穴を飛び越えよう☆

音楽理論でつまずく人の多くが、実は「音階のイメージ」をうまく作れていないのです。

音階

ピアノを弾けるけど、何度やっても和音の作り方も移調の仕方もわからない!という方、そもそもスタート地点で落とし穴にはまったままなのかもしれませんよ(・ัω・ั)

■スポンサーリンク■

黒鍵は飾りじゃない?

突然ですがクイズです。

Q1
この中で仲間はずれはどれでしょう?

  • ドレ
  • ミファ
  • ソラ
Q2
「ミファ」の仲間はどれでしょう?

  • レミ
  • ラシ
  • シド

鍵盤をよーく見て考えてくださいね☆

鍵盤をよく見てね

ポイントは、「黒鍵」です。

黒い鍵盤も一つの音

黒鍵も一つの音として考えましょう。
黒い鍵盤も一つの音として考えるといいよ

ド■レ、ミファ、ソ■ラ
間に黒鍵を挟まない「ミファ」が、一つだけ短いので、仲間はずれです。

では、「ミファ」の仲間は?
レ■ミ、ラ■シ、シド
「シド」ですね。

ドに♯をつけて、「半音上げる」とド♯になります。
同じように、ミに♯をつけて「半音上げる」とファになります。

つまり、

ド→ド♯
ミ→ファ
の音の幅は同じ

なのです。

ミファ、シドの間に黒鍵がないのは、「そのほうがデザイン的にかっこいいから☆」ではなく、ミ→ファ、シ→ドは半音しか上がっていないからなんですよ!

応用問題

Q3
「ド レ」の仲間はどれでしょう?

  • ミ ファ♯
  • ソ ラ♭
  • シ♭ ド♯

ドレ ミファ♯ ソラ♭ シ♭ド♯
ミファ♯が正解です(^^)

ちょこっとまとめ

☆黒鍵も一つの鍵盤として考えよう!
黒鍵も一つの鍵盤として考えよう
☆ミファ、シドの間は「何もない」よ!

今回の内容は

「ドとレ」「レとミ」「ミとファ」の間って、「同じ」なの? ...
で書いていますが、今後の説明のことも考慮して、図を平面?にしました。

「前回の階段どこいったねん?!」って方、下の図で納得していただけると幸いです。
音の階段イメージ
階段を横から見たのが改訂前、上から見たのが改訂後(今回)です。

白黒白黒白白黒白黒白黒白白とさながらケンケンパでもしてるような感じですね。

■スポンサーリンク■