試験お疲れ様でした(*^^*)
当サイト利用者様から頂いたコメントをこちらにまとめました。

期間限定!幼稚園・小学校の先生が保育所で働ける?

幼稚園・小学校の先生が保育所で働ける?
厚生労働省は16日、幼稚園や小学校の教諭資格を持つ人が、「保育士」として認可保育所で働けるようにする方針を表明しました。

■スポンサーリンク■

制度の内容は?

・認可保育所に配置される保育士の3分の1までを幼稚園教諭・小学校教諭・養護教諭で代替できる。
・幼稚園教諭は3~5歳児
・小学校教諭は5歳児
・養護教諭はどのクラスでも可
・研修を受ける必要がある

幼稚園の先生は、3~5歳を見ているんだから、同じ年の子なら保育園でも大丈夫でしょ!
小学校1年生と、年長さんはたいして変わらないんだから、小学校の先生にもできるでしょ!
ってことのようですね。偉い人は、「保育士」をなんだと思っているんでしょう?

何のため?

8ee073f2abb68eb56dcc1bc13465bac3_s
待機児童解消に向けた緊急対策のようです。

保育士が増えれば、待機児童が解消すると?いや、「保育士」の資格を持つ人は、毎年約5万人のペースで増えて続けているのですが・・・資格を持った人が働けるようにするのが先ではないですか??と思います。

そもそも保育士って??

「保育士」は、国家資格です。
2001年の児童福祉法の改正で、名称独占の国家資格となりました。

短期大学などの専門機関で学習するか、保育士試験に合格するかして、保育士資格を得た人が、「都道府県知事の登録・保育士証の交付」を受けることにより、初めて「保育士」を名のることができます。(児童福祉法第18条18)

↑これに関連した問題、これからの保育士試験で出なくなるんですかね?
幼稚園教諭、小学校教諭、養護教諭でも、「保育士」を名のれるようになるんですかね?

問題点

いきなり5歳児担任?

海外だと国によっては、「年長~低学年の担任」の免許というのがあって、幼稚園と小学校で異動があるのが普通のところもあるようです。

しかし、日本の制度では「小学校教諭は小学校!」「幼稚園教諭は幼稚園!」となっています。そして、保育所は「学校」ではなく、「児童福祉施設」です。いくら子どもが好き!子どもがかわいい!と思っていても、慣れない業務に抵抗があるのではないでしょうか。

幼稚園の先生が、保育所3~5歳クラスを担当

幼稚園の先生はもともと35人クラスを担任している人ですから、それより少ない人数の保育所のクラスを担当するのには抵抗がないのかも・・・とも思えますが。

7dde429002ff38c797c7be55e5d6b0b6_s

「認定子ども園」推進で、幼稚園から認定子ども園になったところでは、幼稚園の先生は意外と苦労されているそうです。

というのも、幼稚園と保育園では子どもを預かる時間が違います。最近は、幼稚園でも延長保育があるところもありますが、基本的に幼稚園は4時間で、子どもが帰ってしまえば、落ち着いて事務仕事やお掃除、会議などができます。

しかし保育園では子どもがいるのは8時間。長い子だと10時間いる子も。事務仕事もお掃除も会議も、子どもがいる間に、子どもを看ながら、こなさなくてはなりません。これが意外としんどいようです。

ただ、将来「子ども園」で働く可能性もありますし、幼稚園の先生が保育園で働く経験を積むのもいいのかもしれませんね。

小学校の先生が、保育所5歳児クラスを担当

60f32882bf21e9e61184d839e8ce3147_s
5歳児クラスだと、1人担任のことがあります。小学校だって1年生は35人学級で1人担任だから、大丈夫!と思っても、勝手が違います。

授業しなくて、外でいっぱい一緒に遊んであげればいいんでしょ?簡単じゃん!←そんなわけないです。

保育園の先生は、小学校に上がる前に、子どもたちに基本的な生活習慣を身につけてほしいと願い、日々子どもたちの成長を支えています。保育園や幼稚園で作った基礎の上に、小学校での生活があるんです。

学校の中では小学校1年生は、一番下の学年なので上級生の手も借りられますが、年長さんは保育園では一番上。小学校1年生より未熟でも、自分たちのことだけではなく、下の子たちのお世話もしなくてはなりません。

0346a63577cdac3574c92207b2e04e77_s

保育園の方が小学校より大変!というわけではないのですが、保育園の年長さんと小学校1年生は年が近くても、別物だと思うんですよね。

養護教諭が認可保育所で働く

養護教諭はそもそも担任を持って授業をする人ではないので、いきなり3~5歳児クラス担任はきついと思います。0~2歳児クラスなら、子育ての経験のない方には慣れない仕事ですが、やっていればすぐに慣れると思います。(子育てを終えたママさん養護教諭の方なら、即戦力になるかもしれません。)

給与

49880ab95c7a62899b390b465352b6fb_s
現実的な話として、給与面で言うと、保育士は正規職員でも30歳の時点で小学校教諭より、(多くもらえている人でも)月々10万円ほど低いです。保育士全体の平均給与は、約21万円なのだそうです。保育士の給与ってもともと少ないし、経験を重ねてもそれほど上がらないんですよね・・・。

そもそもこの給与の低さが、「保育士」の資格を持っているのに保育士として働かない「潜在保育士」増加の原因の一つになっているわけですが、「小学校教諭」の免許を持っている人が、保育所で働く場合、給与はどうなるのでしょうか?

「小学校教諭」の免許を持っている人が、認可保育所で採用してもらう。

→この制度、期間限定なのに、不安定な職場(制度がなくなったら働けなくなってしまう)で、慣れない仕事を、安い給料でやろうと思うでしょうか? 教員採用試験の小学校の倍率は、それほど高いわけではありませんし、試験に受からなくても(受けなくても)、臨時講師の口も多いです。臨時講師でも初任給は、ベテラン保育士を超えるくらいもらえることもあります。働きながら教員採用試験を受ける人が働くなら、小学校で働いた方がいいのでは?と思います。(でも小学校の免許しかない人にとっては、保育園の仕事を体験するチャンスかもしれないですね)

「小学校教諭」として採用されている人が、認可保育所に異動になる。

→「小1ギャップ」解消のための一つの施策になるかもしれませんが、現役保育士からしたら、同じ仕事なのに、なんでこんなに給料が違うの!(怒)ってなります。これまで、子どもたちを0歳から可愛がってきた保育士や、年長さんの担任経験のあるベテラン保育士からしたら、自分たちの方が慣れていて、仕事もスムーズなのに・・・と思うのではないでしょうか。

追記:この制度は、小学校・幼稚園の免許を持っているけれども、実際に小学校・幼稚園で働いていない潜在小学校教師・潜在幼稚園教師を対象としたもののようです。

待遇の改善を!

保育士としては、待遇の改善をしてほしい、というのが正直なところです。

平成27年度から「子ども・子育て新制度」開始に伴い、民間の保育士の給与が平均5%改善されました。

↑これ、実感した方いるのでしょうか・・・。現場は、上がってません!
(それとも私や私の周りの保育士さんの給与が上がっていないだけで、10%とか上がった人もいるのでしょうか…)

60万人と言われる潜在保育士。保育士試験は毎年約1万人が合格しています。短期大学や専門学校で保育士の資格を取る人も多く、「保育士」の資格を持つ人は増え続けているはずなんです。

でも、働かないのは?給与が低いからです(それ以外にも理由はありますが)。介護職もそうですが、福祉系の仕事は、命を預かる仕事なのに、一般企業や教育関連職に比べて給与が低いです!保育所も学童も、共働き世帯を支える仕事なのに、給与が低いです!

しかし、保育士が魅力のない仕事かというと、それは違います。日々、子どもたちの成長を感じることのできる仕事。子育てママさんの経験を生かせば、子育て初めてな若いママさんたちに安心と勇気を与えることができます。何より子どもはかわいいです。

69e1c7ec8f0328f28b145df3e9c4caea_s

とりあえず、給与を上げてください!5%と言わす、5割上げてくれれば、保育士も定着して、待機児童も解消するのではないでしょうか。

それと、扶養内で働いている派遣さんやパートさんは、「103万の壁」や「130万の壁」があるので、時給が上がる=働く時間が少なくなるんです。給与「5%UP」だと、働く側は「働く時間が1日30分短くなったわ」とか「同じ給料なのに、休みが増えたわ」ってなるかもしれませんが、保育所側は困ってしまいます。でも、「5割UP」なら、扶養内で働かなくてもよくなるんです!派遣でも、パートでも、扶養から外れて、いっぱい働けるし(それでも平均給与より少ないですが)、税金もいっぱい収められるようになります。将来の年金も増えるかもしれません。

給与UPは、民間の保育所だと簡単ではありませんので、やはりそこに政府のテコ入れが必要なのかな(補助金とか)、と思います。