保育所保育指針第1章総則「2保育所の役割」穴埋め

保育原理を受験する方は、「第1章総則 2保育所の役割」の穴埋めもしっかりできるようになっておきましょう。

第1章 総則

  1. 趣旨
    ・・・保育原理▲(まれに出題)
  2. 保育所の役割
    ・・・保育原理△(ときどき出題)←
  3. 保育の原理
    ・・・保育原理☆(2問程度出題)
  4. 保育所の社会的責任
    ・・・保育原理○(1問程度出題)
■スポンサーリンク■

2保育の役割

文章はこの4つ。少ない!

(1)保育所は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条の規定に基づき、保育に欠ける子どもの保育を行い、その健全な心身の発達を図ることを目的とする児童福祉施設であり、入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしい生活の場でなければならない。

(2)保育所は、その目的を達成するために、保育に関する専門性を有する職員が、家庭との緊密な連携の下に、子どもの状況や発達過程を踏まえ、保育所における環境を通して、養護及び教育を一体的に行うことを特性としている。

(3)保育所は、入所する子どもを保育するとともに、家庭や地域の様々な社会資源との連携を図りながら、入所する子どもの保護者に対する支援及び地域の子育て家庭に対する支援等を行う役割を担うものである。

(4)保育所における保育士は、児童福祉法第18条の4の規定を踏まえ、保育所の役割及び機能が適切に発揮されるように、倫理観に裏付けられた専門的知識、技術及び判断をもって、子どもを保育するとともに、子どもの保護者に対する保育に関する指導を行うものである。

一番出題されやすいのが(3)です。

上の文章を読みながら、考えてみましょう。

  1. 保育所の目的は?
    「(    )子どもの保育を行い、その(   )の発達を図ること」
  2. 保育所は、その目的を達成するために、「○○と○○を一体的に」行う
  3. 保育所は、入所する子どもやその保護者のほかに、どんな人たちを支援する?
  1. 保育に欠ける子どもの保育を行い、その健全な心身の発達を図ること
  2. 養護教育を一体的に」
  3. 地域の子育て家庭

過去問にチャレンジ!

穴埋めは、結構がっつり条文そのままで出題されるので、しっかり覚えておけば、確実に得点できます。

平成27年度地域限定試験 保育原理 問16

  • 保育所は、その目的を達成するために、保育に関する専門性を有する職員が、家庭との緊密な( A )の下に、子どもの状況や発達過程を踏まえ、保育所における環境を通して、養護及び教育を一体的に行うことを特性としている。
  • 保育所は、入所する子どもを保育するとともに、家庭や地域の様々な( B )との( A )を図りながら、入所する子どもの( C )に対する支援及び地域の( D )家庭に対する支援等を行う役割を担うものである。

(選択肢省略)
A連携 B社会資源 C保護者 D子育て

(2)と(3)そのまんまですね。

平成28年度本試験 保育原理問2

保育所における保育士は、(中略)保育所の役割及び機能が適切に発揮されるように、( A )に裏付けられた専門的知識、技術及び( B )をもって、子どもを保育するとともに、子どもの保護者に対する( C )に関する指導を行うものである。

(選択肢省略)
A倫理観 B判断 C保育

こちらは、(4)そのまんまです。

ミニテストでチェック!

穴埋めのミニテストです。

うまく表示されない方はこちら(別ウィンドウで開く)

最後まで読んでくださりありがとうございます。

「○○についてもっと詳しく知りたい!」「△△について、もっと問題を解きたい」などありましたら、下記コメント欄にてお知らせください(どの記事のコメント欄でもかまいません)。

子育て中&第二子産休中につき、すぐにお返事できないこともありますが、なるべく対応させていただきます❀

うぱみ

■スポンサーリンク■